ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットも美肌も実現!潤い美人を育てる食べ物とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ダイエットを始めてから、ニキビなどの肌トラブルが絶えなくなった」「食事量を減らしたら、乾燥してガサガサになった」こんな経験、ありませんか?肌の潤いも、肌の細胞も、代謝のよい痩せやすい体質も、食べたものから吸収した栄養素がつくります。今回は、ダイエットにも美肌にも効果的な食材をご紹介します。

アボカド

美肌食材といえば、やはりアボカド。良質な脂質が潤いを逃さない肌へと整えてくれますし、食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富なため整腸作用バツグン。便秘知らずの代謝のよい体質へと整える効果が期待できます。

食事の最初に食べると、血糖値の急上昇を抑えて食べたものを体脂肪としてため込みにくくなります。濃厚な味わいのため、満足感も得やすく、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

くるみなどのナッツ類

ナッツ類には良質な脂質が豊富。女性ホルモンのバランスを整え、肌の炎症を抑える効果が期待できます。噛みごたえがあって腹持ちが良いため、おやつにピッタリ。

納豆や高野豆腐などの大豆製品

大豆製品は低カロリーなのにたんぱく質が豊富。発酵食材である納豆には腸内環境を整える効果が期待でき、豆腐を加工した高野豆腐は豆腐よりも栄養価が高まっています。大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのはたらきを整える効果も。メリハリを実現する筋肉の材料であるたんぱく質や肌のツヤをよくする栄養素を一度に摂取することが可能です。

サーモン

サーモンは肌のターンオーバー(再生)に必要なたんぱく質(アミノ酸)と必須脂肪酸とを一度に摂れる美肌食材。ダイエット中は肉よりもヘルシーで良質な脂質を含む魚介類を積極的に食べたいですが、美肌効果を高めるにはとりわけサーモンがおすすめです。

キレイのためには食べる!

食べなきゃキレイになれません。キレイになるためのダイエットなのですから、肌トラブルや便秘などの不調の少ない、健康的なスリム美人を目指してくださいね。身体は食べたものからつくられていることをお忘れなく・・・!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

歩幅をたった1㎝変えるだけで美脚&美姿勢!日常の動作を「ながら運動」に!
30歳以降はシミに要注意!抗酸化力を上げる食材でシミ予防を!
ダイエット効果をUPさせるスープ&ホットドリンクの選び方
便秘解消!下半身スッキリ!「さするだけ」で老廃物を流すセルフマッサージ
べたつき、くすみ、ごわつきが気になる梅雨の季節!エイジレスな美肌をキープする方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP