ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会見で涙の吉田羊 カレの泥酔騒動で半ばパニックに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「基本的に、しんどいことは全て“試練”と思うようにしているんです。そこに意味があると思えば乗り越えることができる…」

 5月22日、『ビューティーミューズ大賞2016』授賞式に出席した吉田羊(年齢非公表)はそう語った。ファンへのメッセージを求められると、「日々、笑顔で過ごしてください。あなたが笑顔であれば、きっと…」と話し、泣き崩れた。

 4月初旬、『週刊ポスト』にHey! Say! JUMPの中島裕翔(22才)との7連泊デートを報じられたこともあり、コメントを取ろうと殺到した報道陣だったが、吉田の突然の嗚咽に言葉を失った。「なぜ、涙を流されたのか…」とイベント関係者も困惑顔。

 彼女はこの2か月、極限の精神状態にいた。吉田の会見直前、中島が警察沙汰の騒動を起こしていたことが発覚。4月1日の早朝、都内路上で30代の女性に抱きつくなどし、女性が110番通報したと報じられた。しかし、犯行を裏づけるものはなく、被害届も出ていないため事件化はしなかった。

「この日、中島さんは飲食店で飲んでいて泥酔してしまっていたんです。その直後、近辺のビルの窓ガラスを割ってしまったそうです」(事情を知る関係者)

 事情聴取を受けたという事実に中島は気が動転。彼は吉田に相談した。

「4月1日というのは、羊さんの自宅にお泊まりした翌日のことだったそうです。つい昨日まで一緒に過ごしていた彼から“警察”という言葉を聞いて、羊さんも仰天。すぐに親しい芸能関係者に連絡し、“どうしたらいいか”と泣きついたそうです」(芸能関係者)

 中島との交際が報じられたのは、その直後。吉田は半ばパニックになっていたという。

「熱愛報道自体もさることながら、中島さんのファンから壮絶な“羊バッシング”が起き、加えて彼の泥酔騒動が表沙汰にならないか気が気じゃないという“三重苦”だったんです…」(前出・芸能関係者)

 心労のあまり一時は外にも出られなかったという吉田だが、果たして彼女の懸念は的中。前述の通り、中島の一件も明るみに出た。

「“年上の私がしっかりしていれば…”と羊さんは責任を感じているようでした。先の会見で彼女が話した“試練”という言葉も流した涙も、この苦難の日々を思ってのことだったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 2007年の開設以降、ほぼ毎日更新されていた吉田のブログだが、この2か月は何も綴られていない。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
テツandトモと松村邦洋 地方イベントで現在もガッポリ稼ぐ
市川海老蔵、梅宮辰夫ら ブログやパチンコで稼ぐ芸能人たち
芸能界に「麻薬逮捕者互助会」存在 逮捕後の方が売れる説も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。