ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とと姉ちゃん 「江戸っ子言葉がなってない」との意見出る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気が高まれば高まるほどに、様々な意見が表出するものである。限られた人だけが気づく問題もある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が大人気の朝ドラについて指摘する。

 * * *
 「『べっぴんさん』 関西弁を楽しくけいこ」という記事が目に入った。10月から放送されるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の収録が、神戸の異人館でスタートしたとか。

 そう、各地方独特の美しい響きをもった言葉遣いは、朝ドラの魅力の一つ。前作『あさが来た』も出演者が大阪弁を必死に習得した努力が、ドラマの中で大きな輝きを放ち、魅力となっていた。

「役者さんには大阪弁独特の『音』が狂わないように、常に大阪ことばの『音』、言葉のアクセントを意識していただいています」(方言指導をした松寺千恵美さんのコメント。NHK大阪放送局ブログサイト)

 それに対して、東京の下町・深川を舞台に放送中の『とと姉ちゃん』の言葉、どうなのだろう? 親子3代東京生まれ・江戸っ子の私の耳には、どうにも違和感ありありに響くのだけれど。いや、私だけではなさそう。

「ピエール瀧が演じる料理人の『べらんめえ風口調』があまりにもひどくって、聞いちゃいられねぇ」という嘆きが耳に入った。

 東京・神田生まれのおじさんは言う。

「とにかくあのセリフ回し、ダラダラ間延びしてて気持ち悪いったらないな。深川という場所で働く職人を描くんだとすりゃ、もうちょい言葉を練習しなくっちゃね」

●東京弁、江戸っ子像がなってない

 よく言われるように、江戸っ子言葉の特徴はさっぱりしていて、歯切れいい。その性格は、細かいことにこだわらない。意地っ張りだが根は優しくて照れ屋。人前で格好つける。いわゆる「いき・粋がり」だ。

 ピエール瀧は必死に、江戸っ子の職人を真似ているつもりかもしれない。しかし、語尾が「だあ~」「でえ~」と長く伸びてしまってキレ味がなく、一本調子の大声でがなるばかり。とても、東京下町の商人や職人の言葉には聞こえない。

 人が多くて忙しい町に住む人は、気が急く。母音が続く場合は発音を短縮する口調になる。サラッ、キパっとしたテンポがないと暮らしていけない。静岡出身のピエール瀧が生粋の東京弁をしゃべれないのは当然だろう。だとすれば、前作『あさが来た』や秋に始まる『べっぴんさん』のように、独特な言葉=東京弁にどっぷりと浸って練習するとか、方法はいろいろとあるはず。

 大地真央が演じる「200年続く材木問屋・青柳商店の女将」も、下町の商売人としては違和感あり。ずらずら部下を従えて相手を睨みつける風情なんて、材木問屋の女将というより、「極妻」にしか見えない。

 サッパリとした気風を美とする江戸っ子。しかも人の上に立つ大問屋の女将が、他の家の鯛を見て「うちより小さい」と人前でけなすなんて、そんな野暮で子供じみたことするだろうか。気に食わなきゃチクリと嫌味くらい言うかもしれないが、この女将はあまりにも稚拙な人物像。そもそも下町の人に対しても失礼な描き方。演出サイドもダメ出ししないのか不思議。もしかしたら演出陣自身が、東京弁や江戸っ子の特徴に気づかないまま下町を描いている?

 セリフといえば、向井理演じる鉄郎という、時々現れる叔父さんキャラもどうなのか。寅さん的風来坊をやってるつもりかもしれないが、とにかくセリフ回しが上滑っていてリアリティがなく、「てやんでい」と開き直るその姿はまるでコント。

 とはいえ『とと姉ちゃん』は視聴率20%越えが続く人気ぶり。一方で、ネット掲示板を中心に飛び交う辛口批評の数々。視聴率とブーイングとの落差を、どう理解したらいいのだろう?

 おそらく視聴者の一部──中年以上で昭和の時代風景をよく知っている人、『暮らしの手帖』を愛読してきた人、東京ネイティブといった人たちの中に、ドラマに対する違和感が膨らんできているのでは。

 違和感→感情移入できない→距離をもって俯瞰→作りの粗さがまた見えてしまう→違和感というループが起こっているのかも。

 少なくとも、ドラマにおける言葉を舐めてはいけないだろう。言葉は、それが直接示す「意味」だけではなく、「速度」「音の響き」や「リズム」の中にも、伝えるべき大切なものが潜んでいるのだから。

「『綺麗に聞こえる言葉遣いを目指したい』とのことでしたので、クラシックな船場商人の言葉をベースに、なめらかではんなりとした言葉遣いになるように台本作成から携わりました」という前作の方言指導・松寺さんの言葉を、最後に紹介したい。 

【関連記事】
荒俣宏が慣れ親しんだ東京の遺物を思い出も含めて語った大書
古き良き江戸落語を今に伝える通好みの本格派・五街道雲助
粋でいなせな「江戸っ子」演じて最も似合う噺家は春風亭一朝

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP