ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食道がん内視鏡手術に新技術 狭窄予防の細胞シート治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食道がんの主な原因はアルコールで、飲酒後に顔が赤くなるタイプの人が過度の飲酒を続けると発症しやすい。患者数は全国で約2万人と推計され、他の消化管臓器と比べて再発しやすく、死亡率も高い治療が困難ながんの一つだ。

 治療は大きく分けて手術(開胸手術と内視鏡)、抗がん剤、放射線治療の3つだが、がんが食道粘膜内にあり、周辺のリンパに浸潤(しんじゅん)していない早期食道がんは、内視鏡による粘膜下層剥離術(ESD)による治療が標準になっている。これは食道粘膜にあるがんを、かなり広範囲に切除できるメリットがある。

 東京女子医科大学病院消化器外科・先端生命医科学研究所の大木岳志講師に聞いた。

「ESDは胃がんに続き、食道がんでも普及していますが、広い範囲で病原を切除することで潰瘍を生じ、それが原因で狭窄(きょうさく)が起こることが問題でした。ESD後の狭窄は非常に治療が大変で、食道を広げるために内視鏡的拡張術を行ないます。これは狭窄部に内視鏡下で切れ目を入れるもので、複数回実施しなければならず、患者さんの負担が大きいのが問題だったのです」

 近年、狭窄に対する治療として安価で簡便なステロイド治療も実施されるようになっている。しかし、ステロイド剤の服薬の場合は、糖尿病やムーンフェイスといった合併症のリスクがあり、注射による局所治療では、適切ではない場所に針を刺し、食道に孔をあけるといったケースもあるので注意が必要だ。

 そこで大木講師が研究開発したのが、ESDを行なった潰瘍のある場所に、細胞シートを移植して粘膜再生を促し、潰瘍による狭窄を予防するもので、消化管に対する再生治療としては世界初だ。細胞シートは口腔(こうくう)粘膜を培養して使う。口腔粘膜は食道粘膜と同じ扁平上皮(へんぺいじょうひ)で、再生が早いという特徴がある。

 患者の口腔から粘膜を5ミリほどの円形に採取して培養すると16日間で直径約23ミリになる。採取した口腔粘膜の細胞をバラバラにし、複数の細胞シートを作る。細胞を温度によって親水性と疎水性に性質が変わる基材に乗せ、約37℃で培養する。使用するときは温度を20~25℃に下げると細胞シートは培養皿から容易に剥がれる。

「内視鏡でESDを行ない、広範囲にがんを切除したのち、薄い円形のプラスティックプレートに細胞シートを乗せて潰瘍に複数枚留置します。約3週間で粘膜が再生し、2か月後には、ほぼわからないほどに回復します。2008年から臨床研究として当施設で10例、その後、長崎大学で10例実施しましたが、ほとんどの症例で狭窄はなく、治療成績は良好でした」(大木講師)

 欧米で多い食道のバレット腺がんに対しても、大木講師指導のもと、スウェーデンで10例実施された。今年度中には保険収載を目指し、複数の施設で治験が実施されることになっている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
食道がん 飲酒後に顔が赤くなる人のリスク12倍との研究結果
早期大腸がんは電気メスの「内視鏡的粘膜切除術」で根治できる
早期発見で100%近く完治する大腸がん 良い病院見分ける方法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。