体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園

マンハッタンから東に1つ目の地下鉄で降りると、ルーズベルト・アイランドという島があります。建設中だった公園が完成してきて、現在ニューヨーカーの人気スポットに。マンハッタンの東側の摩天楼が手に取るような眺めの良さ、まだ、旅行客には知られていない穴場でもあります。ゆっくりのんびり、川風に吹かれて過ごしたいものです。

名建築家ルイス・カーン氏の遺作デザイン

20世紀を代表するアメリカ人建築家ルイス・カーン氏が、フランクリン・D・ルーズベルトを記念するこの公園を設計したのは40年以上前。1974年、ニューヨークのペンシルヴァニア駅で心臓発作を起こして亡くなった時、この公園の設計図を携えていたと言われています。設計した40年後の2012年にオープンしました。

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) facebook/Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park

部屋と庭を表現した公園

ルーズベルト・アイランドの南端にあるFranklin D. Roosevelt Four Freedoms Park。頂点が島の南端に向かう三角形の形に設計されています。カーン氏は、公園には部屋と庭を表現するべきだと考えたそうです。庭は自然を制御する個人的な資質、部屋は自己の延長を意味しています。

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) facebook/Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) facebook/Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park

マンハッタンの東側がすぐそばに

イーストリバーを挟んで、マンハッタンはすぐそば。エンパイアステートとクライスラーの2大摩天楼が眺められます。

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) Sara Aoyama

クイーンズ側もすぐそば

マンハッタンの家賃高騰により、NY市民のマンハッタン離れが始まり、マンハッタンにほど近いクイーンズ区のロングアイランドシティに注目。ウォーターフロントには、次々と高級コンドが建てられ、家賃はマンハッタン並みに高騰しています。

■関連記事
【NY】ハンモックに揺られて摩天楼を眺めよう、ロングアイランドシティが旬
http://tabizine.jp/2016/04/17/65461/

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) Sara Aoyama

並木道が印象的

整然とした並木道が印象的。初夏にはフレッシュグリーンが清々しく、秋には美しい紅葉になります。

【NYCの新名所】4つの自由を表現する公園
(C) Hideyuki Tatebayashi

4つの自由

1941年の一般教書演説の中で、ルーズベルトは、世界中の全ての人に広めたいと願う4つの自由を掲げました。

1.言論と表現の自由
2.礼拝(宗教)の自由
3.欠乏(貧困)からの自由
4.恐怖(戦争)からの自由

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。