ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんが泣くと、飛行機内のみんなが笑顔に?1日限定の驚きのフライトがあった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

赤ちゃんを連れたお母さんにとって、飛行機の長時間移動は心配事がつきません。「機内で泣き止まなくて、周りの人に迷惑をかけたりしないかな?」など、肩身が狭い思いで乗っている人も居ると思います。

そんな赤ちゃんが、機内で泣けば泣くほど飛行機内の皆が喜ぶという、驚きのキャンペーンがありました。

 

4人泣いたら全額無料

なんと、赤ちゃんがフライト中に一人泣いたら、フライト代金が25%割引。二人泣いたら50%割引、三人なら75%割引、四人は全額無料!という、泣けば泣くほどみんながハッピーになる「Fly Babies」というキャンペーン。

これは、母の日の一日限定で行われました。

このハッピーな企画をしたのは、アメリカの国内を結ぶJet Blue。ニューヨーク発、カリフォルニア州ロングビーチ行きの約6時間という、決して短いフライトではありません。

果たして、何人の赤ちゃんが泣いてくれるのでしょうか?

 

いよいよ出発!

4人の赤ちゃんを乗せた飛行機の機内は、決して良い雰囲気ではありませんでした。赤ちゃんを抱っこして通路を歩くお母さんを見る乗客の目は、冷たいです。

しかし離陸直前のアナウンスで、赤ちゃんが泣けば泣くほどみんながハッピーになる「Fly Babies」の詳細を聞いた機内の雰囲気は、一瞬にしてハッピーになりました。

まず一人目の赤ちゃんが泣き始めます。いつもなら、困惑してしまうのお母さんの顔は笑顔。

そして、二人目の赤ちゃん。

3人目の赤ちゃんが泣きました。いよいよ全額無料まであと一歩ということもあり、乗客達には笑顔がこぼれ始めます。

ついに4人目!

全額無料になった乗客達には、歓声が沸き上がりました!

All photo by JetBlue

母の日限定で行われた「Fly Babies」キャンペーンには、こんなメッセージが込められていました。

次に大泣きしている赤ちゃんがいたら、笑顔でいてほしい

飛行機の中で赤ちゃんを見かけたら、是非やさしい笑顔で接して下さいね。

関連記事リンク(外部サイト)

ビザも航空券もあるのに入国できない!?トラブルから多くを学んだ話
長時間フライトはもうこれでお手の物!機内泊で気をつけるべきこと7つ
飛行機の乗り継ぎを使って観光をする方法
格安のフライトを最高の満足度で! バニラエアを使いこなすために知っておきたいこと5つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP