ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【宮城のお土産に】素朴なデザインが可愛らしい、季節を楽しむ「こよみこけし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) facebook/Sunnyday

宮城県の伝統工芸品として知られる「こけし」。形がとても印象的ですが、私たちは普段なかなか、こけしを見る機会は少ないですよね。そんな中、宮城県の仙台から、こけしがもっと身近になる新しいタイプのこけしが誕生しました。

季節を楽しむこけし「こよみこけし」


(C) facebook/Sunnyday

この素朴で可愛らしいデザインのこけしは「こよみこけし」という創作こけしです。宮城県の伝統こけし職人と、女性イラストレーターらが共同制作し、この新しいタイプのこけしが誕生しました。12個あるそれぞれのこけしは、宮城県・仙台の美しい1年の季節を、草花のイラストで表現しています。


(C) 2016 Sunnyday Inc.

共同企画である「こよみこけし」の第1弾は「花こよみ」というもの。季節のうつろいによる草花の様子がモチーフとなっており、1月は「松と南天」、2月は「椿」、3月は「梅」、4月は「桜」と花模様が印象的な美しいデザインが表現されています。


(C) 2016 Sunnyday Inc.

続いて、共同企画の第2弾は”旅”をモチーフとした「旅こよみ」というこけし。「日常からの小さなトリップ」をテーマに、お正月や蔵王のお釜、千本桜、秋の音楽祭、年末の光のショーなど、どれも宮城県内の名所やイベントがデザインされています。季節によって様々に変化する宮城の景色を、“こけし”を通じて体感できるのが嬉しい点ですね。

これら12個のこけしは、宮城県の伝統こけし職人による「手作り」という点も見逃せません。色や形、表情が微妙に異なる、世界に一つだけのこけしは、まさに初めてこけしに触れる人にも満足できる一品です。12か月それぞれに違ったこけしがありますので、自分の誕生月のものも良いですし、プレゼントなどにもとても喜ばれそうですね。


(C) facebook/Sunnyday


(C) facebook/Sunnyday

この「こよみこけし」は一体2,500円から。発売は宮城県内や東京都内の実店舗か、オンランショップなどから購入することができます。

その他、この「こよみこけし」以外にも、ちょっと驚きのアイテム「こけしのイヤホンジャック」も! こちらも職人さんによる手作り作品ですので、もっとこけしを身近に感じたい人は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。


(C) facebook/Sunnyday

季節を楽しめる可愛らしいデザインの「こよみこけし」。普段は馴染みがない伝統工芸品が身近にあることで、毎日がもっと楽しくなりそうですね。

[こよみこけし]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP