ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セントラルパークが真っ赤に染まった!その驚きのワケとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。

満開の桜のようにも見えます。

映画によく登場する「Gapstow Bridge」も、また違う表情を見せてくれます。

こちらは「The Lake」。右手はアールデコ建築で知られるアパートメント「The Century」と、セントラルパークの名所を押さえてますが、どこもかしこも赤、赤、赤!でも、一体何で!?

赤外線レンズで撮影!

Colossal」にはその真相が紹介されていました。なんと、赤外線レンズで撮影すると、緑の草や木が明るい綿菓子のような濃いピンク色に、空はアクアマリン色になるのだそう。

撮影したのはフォトグラファーであり、グラフィックデザイナーのPaolo Pettigiani氏。その他の写真をもっと見たい人は、ぜひコチラからチェックしてみて!

Reference:Colossal
Licensed material used with permission by Paolo Pettigiani

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP