体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泊まって良し。食べても良し。人気都市の「美味しいホテル」をちょっとだけ!

滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!

ここでは「Tablet Hotels」がまとめた「美味しいホテル」を紹介。

ホテルとレストランは、どちらもホスピタリティ業界を代表するビジネスですが、その2つが上手にマッチすると、当然ながら素晴らしいスポットが出来上がるわけです。

そもそも一番最初のレストランは、店内の奥や上の階を宿として提供していたわけだし、今でもトップクラスのホテル内にトップクラスのレストランが入っていることも珍しくありません。郊外の農家に併設された宿や、ワイナリーのあるオーベルジュなども魅力だけれど、ここでは、人気都市ニューヨーク、パリ、ロンドンで評判の、美味しいレストランのあるホテルを紹介します。

【ニューヨーク】

泊まって良し。食べても良し。人気都市の「美味しいホテル」をちょっとだけ!

ニューヨークで成功すればどこに行っても大丈夫、とはよく言ったもの。ホテルに関しても、レストランに関しても、この街に集まるのはやっぱりどれもトップクラス。チョイスには困りません。その中でも、とくにTabletスタッフが愛用しているお店&ホテルはコチラ。

THE NOMAD RESTAURANT AT THE NOMAD HOTEL

泊まって良し。食べても良し。人気都市の「美味しいホテル」をちょっとだけ!

世界屈指のトップ・ミシュランレストラン、“イレブン・マディソンパーク(Eleven Madison Park)”を手がけるディレクター&シェフ二人組が仕掛けた店とあれば、期待は裏切りません。

ここ“ノマド・レストラン(Nomad Restaurant)”では、空間こそベルエポック風でグラマラスな雰囲気。スーツ姿の事業家が多く集まるイレブン・マディソンよりも、客層も若干カジュアルだけれど、味に妥協はないので心配は無用。フォアグラと黒トリュフを詰めたチキンの丸焼きをはじめ、エレガントなメニューが用意されています。

詳細はコチラ

DIRTY FRENCH AT THE LUDLOW HOTEL

泊まって良し。食べても良し。人気都市の「美味しいホテル」をちょっとだけ!

“ダーティー・フレンチ(Dirty French)”なんて、ちょっとドキッとするネーミングの「ルドロー・ホテル」内のレストラン。ダウンタウンの若手グルメシーンを成功させてきたチームが手がけたとあって、大胆なスタンス。

壁に描かれた巨大なフランス国旗は、ジュリアン・シュナベル直筆です。スタイリッシュなスタッフの制服に、ボヘミアンビストロ的な空間、そして評判を裏切らないメニューが揃ったとあれば、なかなか予約の取れないのも納得です。

詳細はコチラ

FUKU+ AT CHAMBERS

泊まって良し。食べても良し。人気都市の「美味しいホテル」をちょっとだけ!
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。