ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レシピ】フランスの味を食卓に。15分で作れるカツレツ「コルドンブルー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「青いリボン」を意味するコルドンブルーはフランスでポピュラーな家庭料理のひとつ。子どもから大人まで大人気のフランス版カツレツです。作り方もいたって簡単。日本で購入できる材料で作ることができます。フランス人に教わったレシピを公開しちゃいます。

【材料】2人分
鶏肉または子牛肉、豚肉 2枚
ハムまたは生ハム 2枚
チーズ (一人あたりスライスチーズ1枚分ぐらいのチーズ)
パン粉
卵 1個

塩こしょう

【作り方】
1. 肉を薄く叩く。塩こしょうをする。
2. 1の上にハムまたは生ハムをのせ、その上にチーズをのせる。
3. 縦長を半分に折るように肉を重ねます。
4. 3を卵につけて、パン粉をまぶします。
5. フライパンに油を厚めにひいて両面焼きます。


(C) Nanako Kitagawa

材料の組み合わせでお好みの味を見つけよう

コルドンブルーはフランスでは鶏肉を使ったレシピが一般的ですが、子牛肉や豚肉を使ったレシピも多く存在します。子牛肉のものはフランス料理っぽい味のカツレツで、鶏肉を使えばあっさりとした味に仕上がります。

ハムか生ハム、どちらを使うかも、個人の好みによりますが、生ハムの方が塩っけがあるので、しっかりとした味わいになりますよ。

フランス人はチーズにもこだわりを持つ人もいて、例えば生ハムだとエメンタールとコンテチーズを組み合わせるなんていう人もいるだそう。自分だけのレシピを見つけてみるのも面白いですね。

コルドンブルーはトータルで15分ほどでできてしまう簡単なフランス料理ですが、美味しくできるかどうかは材料の質次第。ナゲットのようにフランスではスーパーなんかで売られていますが、お家で作ったものと比べると格段と味が落ちます。質の良い材料を手に入れて、お家でフランスの味を再現してみて下さいね。

[Photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP