ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画期的!痩せホルモンGLP-1を食べて増やすダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

痩せたいけど、食事の量は減らしたくない……そんな方に痩せるホルモン「GLP-1」を増やすダイエットをご紹介します。GLP-1って聞きなれない言葉かもしれません。でも、誰でも体内でこのGLP-1を分泌しているのです。このホルモンを増やすことで、食べても太らない夢のような体を手に入れることができるかもしれません。

痩せホルモンのGLP-1っていったい何なの?

GLP-1は消化管ホルモンの一種で、食事をすると消化管から分泌されます。食事をして高くなった血糖値を下げるためにインスリンの分泌を促す働きがあるので、医療の現場で使われることもあるのです。インスリンが分泌されることで、糖分の吸収を浴せ資する効果があります。また、GLP-1が分泌されることで、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐ効果もあるのです。

GLP-1を分泌させるにはどんな方法が?

GLP-1は誰でも分泌されていますが、分泌量が多い人と少ない人がいて、その差が食べると太るか食べても太らないかの差となって現れるようです。GLP-1の分泌量を増やすことができればダイエットには効果的。実は、GLP-1は食事で小腸を刺激することで分泌が促進されるのです。ただ、何を食べても同じようにGLP-1が分泌されるというわけではありません。GLP-1の分泌を促す食べ物は、食物繊維の多い食品です。食物繊維は消化が悪いため小腸まで届いて象徴を刺激すると考えられています。つまり、ヒジキや大麦、カボチャなど食物繊維の量が多い食品を食べることで、GLP-1はより多く分泌されるようになるのです。

青魚がダイエットにいいのはGLP-1を分泌させるから?

もうひとつ、GLP-1の分泌を促す成分があります。それは青魚などに含まれるEPA。サバやアジ、イワシなどに多く含まれています。もちろんサバの缶詰などを食べてもOKです。EPAは不飽和脂肪酸で、中性脂肪やコレステロールの量を調整し、血液をサラサラにする効果があるとされている成分。健康のために青魚を食べるのはもちろん、ダイエットにも青魚がおススメなのです。さらに、ダイエットのために気を付けたいのが、よく噛んで食べること。実はよく噛むことで、GLP-1を始めとする食欲をコントロールするホルモンが分泌しやすくなるのです。1口30回を目標に、よく噛んで食事をしてみましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP