体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全米トップ3のグルメシティ!シカゴの驚きのグルメを紹介

全米トップ3のグルメシティ!シカゴの驚きのグルメを紹介
【シカゴ大人女子旅旅行記・前編】グルメ・ショッピング・ホテル・ジャズを大満喫!

【シカゴ大人女子旅旅行記・前編】グルメ・ショッピング・ホテル・ジャズを大満喫!

Compathy Magazineライターの毎月世界を旅するワールドトラベラーKANAです。

アメリカ内でニューヨークに次ぐ大都会、シカゴ。アメリカに行くとなると、東海岸のニューヨーク、又は西海岸のロサンゼルス、サンフランシスコ辺りになりがち。

でもちょっと待って。実は中部に位置するイリノイ州シカゴは、アメリカ屈指のグルメタウン。アメリカ内でミシュランを有する都市は、ニューヨーク、サンフランシスコ、そしてシカゴのみ。 さらにシカゴは初めてミシュランガイドのブランチ部門ができた地域でもあります。

今や日本を含む世界で定着したブランチ文化ですが、発祥はシカゴと言っても過言ではないでしょう。そんな知られざるグルメシティ、シカゴのグルメ情報をご紹介します。

多数の国のグルメを食べ歩き

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!

シカゴは世界各国の文化が混在するダイバーシティワールド。一つの都市の中に、ポーランド、ウクライナ、ギリシャ、ベトナム、中国、イタリアなど、ヨーロッパ系からエスニック系まで、多数の国の人々が生活しています。そして、それぞれの国のコミュニティで形成された移民街が多数。
 
なかでも面白いのは、アメリカ圏らしいネオンが輝くナイトライフエリアを数ブロック歩いていたかと思えば、気付かぬうちに辺りがベトナム人街に変わっていたりと、それぞれの国の文化が流れるように交ざり合いながら景色を変えていくこと。独自の文化をしっかりと築きつつも、それぞれの人種の街を尊重しあっているように感じます。

そんな世界の国の食文化が集まるシカゴ。さっそくメトロに乗って様々な街を巡り、日本ではなかなか食べられないワールドグルメを堪能しましょう!

キッシュのような分厚いシカゴピザ

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!
シカゴに来て食べずには帰れないトラディショナルグルメといえば、ずばり、シカゴピザ。

アメリカの中でもシカゴピザだけは特別。通常の3倍はあるかのようなサイズに加え、見たこともない驚きの形をしているのです。「すごいと言ってもピザはピザでしょ~」と侮ってはいけません!

シカゴピザは、なんと生地の耳の部分が5センチ程もあり分厚く、その姿はまるでキッシュのようなのです。とろ~りチーズがとろけ、トマトソースと絡み合う特大シカゴピザをお試しあれ!

ブランチの先進都市で様々なスタイルの朝食を

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!

【シカゴ大人女子旅旅行記・後編】グルメ・夜景・ブルース・観光満喫の旅!

アメリカ初のミシュランブランチ部門を持つシカゴは、その事実通りブランチ先進国。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy