ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セブン&アイ井阪体制 「反トップダウン」での船出に不安も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コンビニ社長の更迭案を巡る“内乱”から、絶対的カリスマ会長の引退という予期せぬ事態に見舞われたセブン&アイ・ホールディングス。5月26日に開かれた株主総会と取締役会を経て、ようやく新体制がスタートした。

 新たにホールディングスのトップに就いたのは、井阪隆一氏(58)。4月7日に突如行われた鈴木敏文元会長の記者会見で、「(セブンイレブンの)COOとしての役割を果たしていない。新しい改革案が出てこない」と、名指しで社長失格の烙印を押された人物だ。結果として社内クーデターに勝った井阪氏が鈴木氏を追い出す形となった。

「鈴木会長は名誉顧問に就任し、今までと同じように私どもの相談に乗っていただけることになりました。鈴木名誉顧問は、変化に対応するアグレッシブな行動力と、お客様の利便性や価値を愚直なまでに追求する姿勢を、常に私たちに教えてくれました。

 グループの成長に大きく関わってきたこれらのファンダメンタルズをこれからも大切に引き継いでいきたいと考えています」

 株主総会後の会見でこう冷静に語った井阪氏。総会では株主に退任の挨拶をした鈴木氏と握手を交わすなど、混乱の収束をアピールする場面も見られたが、完全にわだかまりが解けたわけではない──と指摘する向きもある。

「当初、鈴木氏の新しい肩書きとして“最高顧問”のイスを用意する案が出て、本人も満足していたというが、社外取締役の中から、『顧問の最高位というポストでは院政が敷かれて影響力が残る』と危惧する声が挙がった。鈴木氏はその反対意見に怒り、しばらくゴタゴタが続いた」(業界関係者)

 順風満帆な船出とは言い難いセブン&アイの新体制。果たして井阪氏は、いまも社内外に残る“鈴木信奉者”の意見を聞き入れながらも、強力なリーダーシップを発揮することができるのか。

 会見では「経営陣が一枚岩になること」「風通しの良い自由な企業風土にしたい」と協調性を掲げた井阪氏だが、その一方で「これまで本音で語れる風土ではなかったから…」と、暗にこれまでのトップダウン経営をチクリと批判する場面も。

 確かに井阪氏はこれまで鈴木氏の薫陶を受けながらも、一貫して“現場主義”と“チームワーク”を大切にしてきた。大卒後、セブンイレブンに入社し、商品本部食品部長を務めるなど、コンビニ一筋36年のキャリアを持つ。

「とにかく食に対するこだわりが強い人で、コンビニの弁当や総菜の味を引き上げたのは井阪さんの力といっても過言ではありません。

 セブンイレブンは弁当の味付けや蕎麦つゆ、おでんダシなどを開発する独自の調味料専門工場を持っているのですが、そこにも妥協を許さぬ井阪さんの細かいこだわりが詰まっています」(『コンビニエンスストア速報』編集長の清水俊照氏)

 2005年にセブンイレブンが料理人・道場六三郎氏監修の特製弁当を発売した際には、井阪氏が道場氏の元に何度も足を運び、ダシの種類や量、調理工程を見直す作業を繰り返し依頼したため、しまいには道場氏を怒らせてしまったというエピソードも残っている。

 また、セブンイレブン社長就任後の2012年、食事のお届けサービス「セブンミール」の新サービス発表会に現れた井阪氏は、自らエプロン姿になって「海老とイカの八宝菜」の調理を実演してみせた。

 そこまでコンビニの商品開発に情熱を燃やし続けた井阪氏でも、毎日昼に行われていた役員試食会で、鈴木氏から冷やし中華で11回、カツ丼で10回のダメ出しを受けたことは語り草になっている。

「もちろん時にはトップダウンも必要だが、イノベーションのタネは現場にあると信じている」

 5月26日の会見でも、現場主義を貫く姿勢を崩さなかった井阪氏。

「これまで現場の意見を集約しても鈴木氏の“鶴の一声”で翻ることは珍しくなかった。逆にいうと即断即決のスピード感がセブンイレブン躍進の原動力になっていただけに、今後の井阪体制には不安もある」(前出・清水氏)

 もちろん、鈴木氏を超えるカリスマ性を期待するのは不可能だが、コンビニ業界は3位のファミリーマートがサークルKサンクスと統合してセブン追撃態勢を整えるなど、業界再編のスピードは速い。また、井阪氏はホールディングスのトップとして、不採算グループのイトーヨーカ堂や百貨店のそごう西武、通販会社ニッセンの構造改革など、今後手をつけなければならない問題は山積している。

 現場の担当者や社員の意見を重視するボトムアップ経営と、スピード感をもった組織改革──。井阪氏は一見相反するこの課題をどうやってクリアしていくのか。カリスマが去った巨大流通王国の舵取りは、決して生易しいものではない。

●撮影/横溝敦

【関連記事】
鈴木敏文会長独占告白「7-11を創業したのは私だ」
森三中大島 夫を中傷したキンコン西野に「全然面白くねえ!」
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP