ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『孤独のグルメ』作者が20年来通う「昼から飲みたい店」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気漫画家でミュージシャンの久住昌之氏は「有名であるなしにかかわらず、長く続いてきた店」が好きだという。久住氏みずからが通う店の一つに、東京・赤羽にある『川栄』がある。

 昭和21年、戦後の復興と共に創業した鰻と鳥料理の店。初代の味を今も2代目と3代目が守る。

 鰻は全て国産で、初代が始めた「白焼きの前に蒸し」という独自の手間をかけて臭みと余分な脂を除き、箸ですっと切れる柔らかさに仕上げる。旨みの凝縮するタレは創業時からのつぎ足し。久住氏も20年来通い、「昼から飲みたい店」と話す。

■撮影/小松潤

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
愛知おでん名店 絶品大根は八丁味噌つゆで煮込み1人1個まで
孤独のグルメ作者 好きな店は有名無名かかわらず長く続く店
詩人が津軽三味線二代目・高橋竹山と震災後の東北訪ねた記録

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP