ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

殺人鬼役の森田剛「素の自分に戻る時間がキツかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 数多くの舞台に立ち、俳優としてのキャリアを積み重ねてきたV6・森田剛(37才)が狂気の連続殺人鬼役に挑んだ、初主演映画『ヒメアノ~ル』(5月28日公開)。無機質で不気味、人知を超えた殺人犯を演じているが、これまでも人を殺める役が多かった。

「舞台でもひどいやつを演じてきたので、こういう役は慣れてるのかな? って思ってたけど、今回はキツかったですね。今日は1人殺して、明日は2人殺して…っていう状況なので撮影中は気が滅入ることもありました。舞台は始まってしまえば“楽しかった”で終わることができるんですけど、映画は撮影中に待ち時間があって素の自分に戻る時間ができてしまうんですよ。その時間がキツかったです。でも撮影が終わった時は充実感というのか、やり切れたという感じはしました」(森田・以下「」内同)

 昨年V6は20周年を迎えた。20周年記念コンサートでは普段あまりスキンシップをとらないメンバー同士がハグする場面も。

「ぼくはどちらかといえば普通でいたかったんですよ。20周年記念のコンサートは、20年だから特別ってことではなくて、20年続けられてきたことへの感謝を多くのかたに伝えられるコンサートになればいいな…って。でも井ノ原(快彦)くんは舞い上がっちゃったのかな? ハグをするぼくたちを見てファンの皆さんが喜ぶかな? って思ってるなっていうのがこっちにも伝わってきて。井ノ原くんの意図がわかっているだけに、乗っかるのがイヤだったんですけど、乗っかってしまいました(笑い)」

 コンサート最終日は先輩グループのTOKIOや後輩の嵐、Hey! Say! JUMPなども訪れ、祝福を受けた。

「嵐がバックで踊ってくれたことはうれしかったですね。嵐は直接の後輩というか、ぼくらのバックにいたのが嵐なんです。特に先輩らしいことは何一つやってこなかったけれど、こういう記念日に集まってくれて。デビューしたら会うことも滅多にないから、先輩や後輩が集まってくれたことが本当にうれしかった」

 森田自身デビュー前はジャニーズJr.として数々の先輩のバックについてきた。

「先輩に対する憧れは永遠なんですよね。ぼくらもSMAPさんや光GENJIさんのバックで踊った日のことは、今もこれからも忘れることはないと思います。その時の曲がかかったら今でも踊れますよ!」

 硬派な役柄に次々と挑戦し、役者として着実に実力を身につけてきた森田に、今後アイドルと俳優どちらに重きを置きたいのかを聞いてみると…。「それは両方ともやっていきたいです!」と即答。

「でもたまにね、現場で他の俳優さんから、“また舞台やりやがって”とか言われちゃうんですよね(笑い)。でもやりますよ。昔ほど踊らなくなってきたけど、ダンスも好きなんです。年を重ねていくと気持ち的にガムシャラには踊れなくなっている気がするんです。ちょっと距離を置いてる部分があるのかな? でも機会があればぜひ! まだまだ踊れますよ!! 期待していてください」

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
若手芸人 先輩のライブが行われると貧乏になるが淡い夢抱く
日テレ復帰の夏目三久アナ 局低姿勢で先輩と接触させないか
小説『火花』の師匠モデル先輩芸人が明かすピース又吉の素顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。