ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉体を鍛え抜く千葉真一・77歳 「肉体は俳優の言葉です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハッ、ハッ、ハッ」。東京・晴海の堤防沿い。フードを目深に被ったジャージ姿の男が黙々と走っていく。腕の振り、足の運びから、一般レベルを超えたアスリートであることが窺い知れる。だが、男の年齢を聞いて驚かぬ者はいない──千葉真一、77歳。

「トレーニングは毎日で、かれこれ75年になります。2歳まではしてないけどね(笑い)。鍛錬しないと肉体は滅びてしまう。しかし、若い頃できたことを今やろうとしても、無駄に疲れるだけ。今の肉体の状態を見ながら最適な負荷をかける。だから、これ以上は無理だと思ってやめる時もあれば、今日は無理するぞという時もあります」

 500m走ったら、100m歩く。心拍数を元に戻すため、深呼吸をしながらじっくり歩き、呼吸が整えばまた走りはじめる。これを繰り返すのが千葉の基本的なジョギング法だ。さらには、ストレッチやゴムチューブを使った筋トレなど、独自のメニューをこなしていくがダンベルは使わない。

「重いものを持つと、筋肉が硬くなり動きにスピードがなくなる。アクションにスピードは大事な要素ですから、昔からダンベルは一切使いません」

 自身の肉体についてはもちろん、健康にも人一倍詳しい。食事にも一家言持つ。

「健康を維持するために大切なのは、老化の原因である活性酸素を減らすこと。そのために普段から水素水を飲んでいます。それと、8年くらい前から食事は一日一食。朝は野菜ジュースだけで昼は食べず、夕方の6時以降に食べたいものを食べる。酒も飲みます。人間、腹が減っていると何でも美味しいから、食べたものは全部自分の血肉になる。コロッケやカキフライも大好き。年をとったら、好きなものを食べることも大事なんです」

 千葉の運動歴は長い。日体大の学生時代は体操でオリンピックを目指すほどだった。この特技を生かし、アクション俳優として一時代を築いた。

「1968年に始まった『キイハンター』の頃は、やれといわれればどんなアクションでもできました。柵に相手を追い詰めて、2人一緒に柵の向こうへ落ちていくシーンでも、落下時、顔が映るようにとスタントなしでやっていた。だから、年中怪我だらけで身体はボロボロでした」

 当時、本物のアクション俳優が不足していることを憂えて一念発起、ジャパンアクションクラブ(JAC)を創設。真田広之や堤真一、伊原剛志など、錚々たる俳優を育て上げた。

「JACでは、最初の半年間、演技をまったく教えませんでした。まず、肉体を鍛え抜く。鍛え抜かれた腹筋や背筋を持つ人間の声はまるで違う。肉体は俳優の言葉なのです。演技は顔でするものじゃない。五体でするものです」

◆ちば・しんいち/1939年、福岡県生まれ。日体大中退後、東映ニューフェイスにトップで合格。1960年、ドラマ『新七色仮面』で主演デビュー。1968年のドラマ『キイハンター』で一躍トップスターに。海外での知名度も高く「Sonny Chiba(サニー千葉)」の愛称で知られ、ジャッキー・チェンやキアヌ・リーブスらとの親交も深い。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■小野雅彦

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
JAC出身「堤真一がいい」と過去の勤勉ぶりを千葉真一が回顧
千葉真一氏 「ヒロくん(真田広之)は5歳から僕が育てた」
千葉真一 やりたいことは「教え子が主演する映画の脇で出る」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP