ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着せ替え感覚でスマホをカスタム。Googleが開発した「Ara」が、まあステキ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて、自分流にカスタムできるスマホ。たらたらと説明するより、まずは動画でチェックを!

機能を組み替えて
個性を発揮するスマホ「Ara」

言わずもがなですが、従来のスマホはアプリをダウンロードすることでスマホに機能を拡充させていくもの。それに対して「Ara」は、フレームに直接自分が使いたい機能をはめ込んだり、組み替えたりすることで、自分ごのみにカスタマイズしていくというもの。つまり、ソフトではなくハード側からも機能へのアプローチが可能なスマホなんです。

気分に合わせて
自分だけのスタイルを持ち歩く

気分はグレー。いや、やっぱりホワイトかな……。なんて感覚で、たとえば洋服のコーディネートに合わせてパネルのカラーを選んだり。

スマホ撮影が好きな人は、被写体や用途に合わせてカメラのレンズを交換する感覚でモジュールを変えたり。

もしくは、カメラや他の機能を一切廃して音楽特化型のスピーカー3連付けといった使い方まで。とにかく、スタイルや目的に合わせてモジュールを組み替えるだけで、自分ごのみにカスタマイズできるのがAraの魅力。

バリエーション豊富な
着せ替えモジュールもGOOD!



ディスプレイ、カメラレンズ、ストロボ、スピーカー、マイクなど、いわゆるスマホが兼ね備えている機能はすべてモジュール化されています。さらには、拡張バッテリーやカメラスタンド、他にもピルケースらしきものまでが動画には登場し、今後さらにバリエーションが増えてくることは想像に難くありませんね。

フレームにカチっとはめるだけ
ディスプレイが割れても、
交換できちゃう

スマホのベースとなるのは、最大6個のモジュールが搭載可能な「Ara Frame」。ここにカチッとはめ込むだけで、スマホの着せ替えが完了。いちいちスマホを買い換えることもなく、自分だけの仕様ができ上がるという訳です。

反対側の液晶ディスプレイに、もしも落としてヒビが入ってしまったら?これまでは、修理に出していたかもしれません。けれどAraならそれさえも、カチっとはめ込むだけで即解決できるんだとか。

2017年秋ごろ発売開始予定


落下したりすぐに外れてしまうという欠点を、2015年より段階的に修正&バージョンアップを繰り返してきたAra。ちなみにデータの伝送速度は毎秒11.9GB。Googleの報道によると、いよいよ来年秋ごろより発売開始となる予定だそう。待ちきれない人は、こちらで詳細をチェックしてみて。

提供元:Google

Licensed material used with permission by Google

関連記事リンク(外部サイト)

名刺サイズのスマホ「O phone」が気になる!
超コンパクト!財布にも入る「折りたたみ式スマホ充電ケーブル」
スマホでデザインできる!1万円台の小型3Dプリンター「OLO」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP