ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の首都、文化の中心である東京。ぜひ見ておきたい観光スポットが満載!新しい観光地も続々登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内だけでなく海外からも多くの旅行者が訪れる東京都。スカイツリーや六本木ヒルズ、上野公園など有名な観光地やイベントが盛りだくさん。時には浅草寺、靖国神社などで歴史文化を垣間見るのもいいかも。

また、桜の名所、上野不忍池や靖国神社、千鳥ケ淵緑道の桜並木など、都内でもお花見スポットは豊富。

奥多摩・青梅エリアでは、登山やキャンプ、川や滝などでマイナスイオンをたっぷり浴びて、伊豆七島・小笠原エリアでは東京都は思えないほどの大自然を満喫することもできる。

【伊豆七島・小笠原 エリア】

三原山

雄大な自然の迫力に圧倒

数十年周期で噴火を繰り返す活火山。今は平穏な状態を保っており、噴火口を間近に見下ろすことの出来る遊歩道も整備されている。山頂口から徒歩約50分。島の人達には御神火(ごじんか)様と呼ばれている。

\口コミ ピックアップ/

舗装された遊歩道から火山口までお鉢めぐりをし、大小の膨大な量の溶岩を間近で見ました。煙もところどころに。自然の迫力を間近で見ることができ、感動!付近には駐車場やお土産屋さんがあります。山頂付近は風が強かったです。 三原山

住所/東京都大島町

TEL/04992-2-1446

アクセス/元町港から車で30分

「三原山」の詳細はこちら

八丈富士

八丈富士は伊豆七島の最高峰。島のどこからでも望める富士山の様に美しい山

伊豆七島の最高峰。コニ-デ型の端麗な山で,山麓は放牧場となっている。登山口から約1時間30分。

\口コミ ピックアップ/

島のどこからでも、その雄大な姿が望めます。

車で島を一周すると、すそ野をぐるりと回ることができます。

富士山のように美しい山です。 八丈富士

住所/東京都八丈島八丈町

「八丈富士」の詳細はこちら

湯の浜露天温泉

古代ギリシャを思わせる建物が目印。美しい海を眺めながら入れる無料の温泉

古代ギリシャをモチーフにしたコーガ石建造物が目印の露天温泉。新島港に接岸する船を手にとるように見ることができ,大きさも一度に約80人も入ることができるほど。すぐ向うに見える地内島の近くに沈む夕日が美しい。無料で利用できるが、混浴のため必ず水着を着用のこと。

\口コミ ピックアップ/

GWに行きましたが、大きな混雑もなく、ゆっくり温泉に浸かることができました。水着に着替えるための更衣設備も整っています。ギリシャ風の神殿風呂から海岸沿いの絶景を眺める爽快感は、何よりもここでしか味わえない体験ではないでしょうか。 湯の浜露天温泉

住所/東京都新島村

TEL/04992-5-0240

アクセス/新島港から徒歩で

「湯の浜露天温泉」の詳細はこちら

三日月山展望台

水平線に 沈む夕日が絶景のポイント

父島の西側の海を望む展望台で、水平線に沈む夕日は雄大。1~4月はホエールウォッチングに最適。晴れた日は母島も見える。

\口コミ ピックアップ/

ウェザーステーションからは夕日が綺麗に見れます!水平線まで綺麗に見えますので、グリーンフラッシュが見えることも。展望台として綺麗に整備されてます。クジラの季節には、この展望台からもクジラが見えます!高台なので気持ちがよく、大好きなスポットです。 三日月山展望台

住所/東京都小笠原村父島字西町

TEL/04998-2-3114

アクセス/B-しっぷから徒歩で B-しっぷから車で B-しっぷからバスで(三日月山入口下車徒歩20分)

「三日月山展望台」の詳細はこちら

赤崎遊歩道 潮風の道

橋を歩くだけで楽しい

島の北側名組湾沿いにある木製の遊歩道、展望台・とび込み台などもあり透明度抜群の入江では海水浴やダイビングも楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

飛び込み台があり、階段があり、屋根があり、海が綺麗すぎて波が無くてとっても楽しい自然のアスレチックです。

泳がなくても橋を歩くだけで楽しいです。

販売機が無いのと、売店も時間によっては閉っていたり売り切れていたりなので注意が必要でした。 赤崎遊歩道 潮風の道

住所/東京都神津島村

TEL/04992-8-0011

アクセス/神津島港からタクシーで 神津島港から徒歩で 神津島港からバスで

「赤崎遊歩道 潮風の道」の詳細はこちら

南島

石灰岩でできている沈水カルスト地形の島。国の天然記念物にも指定

石灰岩でできている沈水カルスト地形の島。貴重な自然環境を保護するため、ルートが定められ、ガイドの同行が必要。なお、11月上旬~2月上旬は入島禁止期間(ただし年末年始は入島可)

\口コミ ピックアップ/

小笠原の自然遺産に登録されている島。歩く場所なども制限され、ツアーで行った時は、一列になって歩きました。浜辺は小さいのですが美しいです。スノーケルすると、稚魚がたくさん居ました。観光ガイドなどにも頻繁に出てくる場所です。

丁度行った時に生まれたての迷い小亀がいました。ココが東京都とはとてもおもえない素晴しい場所です 南島

住所/東京都小笠原村

TEL/04998-2-3114

アクセス/遊覧船やシーカヤックにより上陸可能

「南島」の詳細はこちら

椿花ガーデン

数種類の椿をはじめ四季折々の花々を堪能でき、リスやウサギにも会える

ここは穏やかでのんびりとした心癒す空間です天候の良い日に芝生の大広場から望む、伊豆半島や雄大な富士山は、心をとき放つような気持ちにしてくれます。皆さんも、どうぞ味わってみてください。また、世界の椿を植えた「椿園」もあり、秋から冬にかけては椿の鑑賞もできます。

\口コミ ピックアップ/

晴れた日に行ったので景色もとても良く富士山が見えました。椿も綺麗で植物や昆虫の散策などもできいくら居ても飽きません。 以前はリス放し飼いをしていたそうですが今は隔離してあります。でも人懐っこくてとても可愛らしかったし、うさぎも居るのですがうさぎは触れますよ。たくさんのうさぎに囲まれながらの餌やりは、動物好きな人にはあまりの可愛らしさに絶対また来たいと思うことでしょう。

それにお店の方はとても気さくな方が多く受付の男性の方には園内の説明とリスのエサをもらい販売の女性の方は実演販売している牛乳せんべいのできたてを売ってもらいました。普通なら日にちの経ったものから売ると思うのに…。 園内も良くお店の方の気さく、親切で大変満足でした。大島旅行の際には是非寄らせてもらいたい場所ですね。 椿花ガーデン

住所/東京都大島町元町字津倍付41-1字

TEL/04992-2-2543

アクセス/元町港から車で7分 岡田港から車で7分

営業時間/9:00~17:00

定休日/水

料金/大人800円、子供400円

「椿花ガーデン」の詳細はこちら

間々下海岸

白砂の海岸が続く、海水浴にも磯遊びにも適した海岸。島でも有数の美観地区

白砂の海岸が続く、海水浴にも磯遊びにも適した海岸。西風の強い日は白波が砕けて豪快な景観。エリアにはパルテノン神殿をモチーフにした湯の浜露天温泉、美しいモヤイや石の芸術作品・休憩所が並ぶ丘、モン・サン・ミシェルを彷彿とさせる石積み施設の跡が残る鳥ヶ島と景勝地が続き、背後には石山(向山)の白い断崖が聳え立つ、島でも有数の美観地区である。

\口コミ ピックアップ/

新島の観光の際、サーフィンで訪れました。当日の波はイマイチでしたが、ロケーションは申し分ありません。真っ白な砂浜と青い海に入れるだけで十分に行く価値のある場所です。 間々下海岸

住所/東京都新島村

アクセス/新島港から徒歩で10分

「間々下海岸」の詳細はこちら

都立八丈植物公園

広大な敷地を散策しながら島の自然・植物に親しめる公園

\口コミ ピックアップ/

島の自然に、一番手軽に・しかも幅広く触れることができるのが植物公園。

22ヘクタールの広大な敷地に、テーマ別8つのエリア、展望台、温室、ビジターセンターが設置され、「八丈島のキョン」も飼育されています。

キョンは、中国南東部や台湾に生息する小型のシカバンビ。

小柄で一見、ウリ坊のようにも見えます。

地面に生えた雑草をひたすら食べ続ける食いしん坊なキョンはとっても可愛かったです! 都立八丈植物公園

住所/東京都八丈島八丈町大賀郷

TEL/04996-2-2394

休園/年中無休

バリアフリー設備:盲導犬の受け入れ:○ 車椅子対応トイレ:○

「都立八丈植物公園」の詳細はこちら

蓬莱根

母島で一番美しい海岸といわれている

小さい白い砂浜で、沖の岩を蓬莱根と言う。泳いで渡ることもでき、一周してみるのもおもしろい。磯は歩きにくいのでケガをしないように注意。

\口コミ ピックアップ/

母島で一番美しい海岸だと聞き、行きました。他の海岸はゴロタ石ばかりですが、ココは白いきれいな砂浜です。有名どころなので、他の観光客さんと珍しく行き会う場所でした 蓬莱根

住所/東京都小笠原村母島

TEL/04998-2-3114

アクセス/沖港から車で12分(都道最南端から徒歩35分)

「蓬莱根」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

癒しの沖縄!エリア別おすすめスポット50選
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット20選~沖縄エリア~
子連れ旅行は伊豆観光がオススメ!よかった宿・観光・グルメ教えます

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP