ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10ヶ月、突然の離乳食拒否の理由は…?失敗から生まれた鉄板メニューはコレ! by いそめしちかこ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。凝った料理をつくろうとするといつも失敗するいそめしちかこです。 前回のエピソード:初食材「パプリカ」チャレンジ!”苦味がないのでお子様に大人気!”のはずが…!?

今回はムスコが10ヶ月の頃、全く離乳食を食べなくなったときのお話です。

ムスコが10ヶ月の頃、それまで普通に食べていたお粥や野菜ペーストを一切拒否するようになりました。

スプーンですくって口の近くに持って行っても顔を背けて嫌がり、しまいには手でスプーンを払いのけました。お腹が空いているはずなのに、頑として口を開きません。

一体どうしたことか、まさか病気!?とドキドキしたのですが、 注意深くムスコの様子を見てみると、どうやら親に介助して食べさせられるのが嫌なのではないかと思い当たりました。

例えば払いのけられて飛び散ったお粥のご飯粒を、指先でペタペタこね回した後に、それを口に運んだりしていたのです。

よく考えると、そろそろ掴み食べを始める時期でもありました。

そこで、試しに一口大のおにぎりを作ってムスコの前に置いてみました。

すると、そっと手でつかんで食べるではありませんか。

ああ、やっぱり自分で食べたかったんだ!と理解しました。 いそめしちかこさんの人気記事:レシピを理解しない、勝手に代用、適量が適していないetc… これが失敗の6原則

…さて、掴み食べとなると、これまでのようにとりあえずブレンダーですりつぶすというわけにはいかなくなります。

いろいろ調べてみて、ムスコが当時好きだったかぼちゃを使ったお団子を作ってみる事にしました。

さてそんなわけで作ってみたところ… 見事にこげまして、黄色い目玉のおやじが量産されてしまいました。

もったいない…どうしよう…

あ、そうだ。 こげを取って、そこにチーズを詰めてみよう!

するとどうでしょう、ムスコがパクパク食べるではないですか!

苦肉の策でできたかぼちゃ団子のチーズトッピング、 1歳5ヶ月になった今でもムスコの好きなメニューの一つになりました!

著者:いそめしちかこ

年齢:31歳

子どもの年齢:1歳

関東在住、育休中のウェブディレクターです。「赤ちゃんのにがおえジェネレーター 」や「育児妖怪図鑑」などを個人で作っています。ブログではほぼ毎日育児漫画を更新中です。すぐに鍋を焦がします。

○ブログ:いそがしくてもメシ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

いそめしちかこさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

お粥をブーー!遊び食べが楽しい娘、母はビニールケープ着用の離乳食タイム
市販のベビーフードを使う罪悪感…。あの頃の私に伝えたいこと by きのかんち
食べない離乳食…増えない体重…。成長曲線から外れてしまった娘と試行錯誤した1ヶ月

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP