ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30歳以降はシミに要注意!抗酸化力を上げる食材でシミ予防を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


紫外線が気になりはじめる季節になりました。紫外線ダメージによるお肌の悩みといえば「シミ」。シミは特に30歳以降、お肌に現れはじめる色素沈着の症状で、正式名称は「老人性色素斑(しきそはん)」といいます。顔の左右対称にできるのが「肝斑(かんぱん)」で、30~40歳に多い症状です。シミは最近浴びた紫外線はもちろん、過去に浴びてきた紫外線が蓄積され、30歳以降に多く現れるようになるといわれています。

抗酸化力は加齢と共に減少する!?

紫外線を受けたお肌は「光老化」と呼ばれるダメージを受けます。紫外線はお肌の細胞中に活性酸素を発生させ、これが細胞老化の原因となります。活性酸素の働きによりシミやシワ、たるみ、炎症などの肌トラブルが起こりやすくなります。

人の身体には本来「抗酸化力」といって活性酸素の働きを抑える力が備わっています。若い頃はこの抗酸化力が高いため、多少の紫外線ダメージでは肌トラブルが起きません。しかし残念ながら、この抗酸化力は加齢と共に減少してしまうのです。

30歳からは積極的に抗酸化力の高い食材を!

加齢と共に減少してしまう抗酸化力。でも女性なら誰しもが、いつまでも美しいお肌でいたい…と願うもの。そこで必要になってくるのが「抗酸化力の高い食材を積極的に食べること」。

身体に本来備わっている抗酸化力が減少していくのは食い止められません。でも1日3食の食べ物は自分自身でチョイスできるもの。肌トラブル、特にシミが現れやすくなる30歳以降は、積極的に抗酸化力の高い食材を日々の食生活に取り入れ、紫外線ダメージに負けない強くて美しいお肌を作りましょう。もちろん日傘や日焼け止めなど日々の紫外線対策も忘れずに!

抗酸化力の高い食材とは?

抗酸化力が高い食材は、「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」を多く含む食材です。緑黄色野菜や柑橘類などのフルーツ、玄米やナッツ類はこれらの栄養素が豊富です。

ブルーベリーや赤ワインに含まれる色素成分「ポリフェノール」や、トマトに含まれる「リコピン」なども抗酸化力が高いのでおススメです。

生活習慣にも注意が必要!

大量の飲酒や喫煙は体内のビタミンCを減少させるため注意が必要。過度なストレス、添加物の多いインスタント食品の摂取、睡眠不足なども身体の中の活性酸素を増やす要因に。紫外線ダメージに負けない強くて美しいお肌を作るためには、日々の生活習慣にも気を配りましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

ダイエット効果をUPさせるスープ&ホットドリンクの選び方
便秘解消!下半身スッキリ!「さするだけ」で老廃物を流すセルフマッサージ
べたつき、くすみ、ごわつきが気になる梅雨の季節!エイジレスな美肌をキープする方法
あなたに「似合う」服装はどれ?骨格診断で着こなし美人を目指す!
リラックス!便秘解消!ツヤ肌にも!「腹式呼吸」の効果とやり方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP