ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ウクライナの鉄道」徹底ガイド!切符は確実に窓口で買うのがオススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「ウクライナの鉄道」徹底ガイド!切符は確実に窓口で買うのがオススメ

今回はウクライナの鉄道を徹底的に解説します。やはり、平原のウクライナは鉄道でノンビリと旅したいもの。ただ、ウクライナの鉄道に関する情報が少なすぎて困ってしまう方もいるのでは?

これを読めば、ウクライナの鉄道で迷うことはありません!

 

ウクライナの鉄道の概略

ウクライナの鉄道を運営している会社は、ウクライナ国鉄(Ukrzaliznytsya UZ)。他のヨーロッパ諸国とは異なり、普通列車から特急列車まで全て国鉄が管理します。

なお、ウクライナの鉄道の路線幅は1,520mmで広軌です。日本の鉄道の幅は1,067mmですから、車内がとても広く感じるはずです。ポーランドやハンガリーでは線路の幅が1,435mmの標準軌ですので、国境では台車を交換するシーンが見られます。

ちなみに、隣国のロシアも線路幅は1,520mmです。

 

ウクライナ国鉄の主な種別

ここからは具体的にウクライナ国鉄の列車種別を見ていきましょう。

IC(特急)

Photo by 新田浩之

まずは、ウクライナ国鉄の花形であるICです。こちらは電車となっており、160km/hで走ります。車内は2+3列でとても快適。多くのサラリーマンが利用しています。ちなみに、車両は韓国製です。

主な運転区間
キエフ~リヴィウ: 約5時間
キエフ⇒ハリキフ: 約4時間40分

 

Fir(寝台特急)

PB232018

Photo by 新田浩之

ウクライナで長距離列車の主力は寝台列車となります。寝台列車の中で最上位の列車が「Fir」。Firは1等(2人用個室)と2等(4人用個室)で構成されます。最上位の列車ですが、基本的に古いです。

なお、ベッドメイキングは自分で行う必要があります。

<主な運転区間>
キエフ~リヴイウ: 約8時間
キエフ~モスクワ(ロシア): 約13時間~約14時間
キエフ~オデッサ: 約10時間~約13時間
キエフ~ハリキフ: 約9時間~約10時間
オデッサ~リヴィウ: 約11時間~約12時間

 

Sko(寝台急行)

11386485813_b3aeb53233_b

Photo by  Clay Gilliland

こちらも多く設定されています。Skoは基本的に2等(4人用個室)と3等開放寝台で構成されています。3等開放寝台は安いですが、全くプライベートがありません。

昨今のウクライナの情勢を考えると、2等の利用をオススメします。

<主な運転区間>
キエフ~ワルシャワ(ポーランド): 約16時間
キエフ~モスクワ(ロシア): 約12時間~約13時間
キエフ~ミンスク(ベラルーシ): 約10時間~約11時間
キエフ~リヴィウ: 約13時間
キエフ~ウージュホロド: 約15時間~約16時間

 

Pas(快速)

PB211962

Photo by 新田浩之

こちらは基本的に昼行列車となります。あまりメジャーな路線は通りませんが、オデッサからモルドバのキシナウ行くの列車はPasになります。

なお2015年時点では、オデッサ~キシナウ間の列車で未承認国家「沿ドニエストル共和国」の入出国審査はありませんでした。

<主な運転区間>
リヴィウ~ミンスク(ベラルーシ): 約13時間~約14時間
オデッサ~キシナウ(モルドバ): 約4時間~約5時間

 

例外 クラクフ(ポーランド)~リヴィウ

なぜかポーランドのクラクフからリヴィウの列車は種別が与えられておらず、「LVIV EXPRESS」という愛称が付けられています。2等寝台で構成され、所要時間は約9時間~約10時間となります。

有名観光地同士を結ぶ貴重な列車と言えましょう。

リヴィウ~クラクフ(ポーランド): 約9時間~約10時間

8683486135_b95945b29b_k

photo by Nick Savchenko

 

切符の買い方

最近、ウクライナ国鉄のホームページがリニューアルされ、インターネットでも購入できるようになりました。ただ、ここでは最も確実に購入できる駅の窓口での購入方法をお伝えします。

 

必ず前日に購入すること

ウクライナで鉄道の切符を購入する際は、必ず前日に買いましょう。主要駅は窓口が少なく、結構待たされます。おそらく当日ですと、心臓に悪いでしょう。前日に余裕を持って購入したいですね。

 

メモを作って渡すだけ

窓口のおばちゃんは英語が話せません。ロシア語かウクライナ語しか話せないです。ロシア語やウクライナ語に自信のある方は口で伝えるといいでしょう。

そうでない方はあらかじめメモを作っておきます。メモは乗車日、乗車駅、乗車時間、降車駅、乗りたいクラスを国鉄のインターネットを調べながら記入すればOK。メモをおばちゃんに渡すだけで簡単に購入できます。

万が一、満席の場合はメモに代わりの列車を提案してくれます。インターネットで自分で調べると難しい場合があるので、大変助かります。

 

最後に

いかがでしたか。少し面倒なこともあるかもしれませんが、その工程も楽しんでください。ウクライナの鉄道の旅は、思っている以上におもしろいですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

「海外旅行にまた行きたいなぁ」と100回以上呟いている人へ!旅を現実にする7ステップ
女一人でも大丈夫。治安面が不安な中米を安全に旅する工夫!
海外旅行中、恋に落ちたあなたへ♡彼と付き合うか迷った時に考えて欲しい5つのこと
電車で絶景を旅しよう!関東で乗れる観光列車10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。