体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ウクライナの鉄道」徹底ガイド!切符は確実に窓口で買うのがオススメ

「ウクライナの鉄道」徹底ガイド!切符は確実に窓口で買うのがオススメ

今回はウクライナの鉄道を徹底的に解説します。やはり、平原のウクライナは鉄道でノンビリと旅したいもの。ただ、ウクライナの鉄道に関する情報が少なすぎて困ってしまう方もいるのでは?

これを読めば、ウクライナの鉄道で迷うことはありません!

 

ウクライナの鉄道の概略

ウクライナの鉄道を運営している会社は、ウクライナ国鉄(Ukrzaliznytsya UZ)。他のヨーロッパ諸国とは異なり、普通列車から特急列車まで全て国鉄が管理します。

なお、ウクライナの鉄道の路線幅は1,520mmで広軌です。日本の鉄道の幅は1,067mmですから、車内がとても広く感じるはずです。ポーランドやハンガリーでは線路の幅が1,435mmの標準軌ですので、国境では台車を交換するシーンが見られます。

ちなみに、隣国のロシアも線路幅は1,520mmです。

 

ウクライナ国鉄の主な種別

ここからは具体的にウクライナ国鉄の列車種別を見ていきましょう。

IC(特急)

Photo by 新田浩之

まずは、ウクライナ国鉄の花形であるICです。こちらは電車となっており、160km/hで走ります。車内は2+3列でとても快適。多くのサラリーマンが利用しています。ちなみに、車両は韓国製です。

主な運転区間
キエフ~リヴィウ: 約5時間
キエフ⇒ハリキフ: 約4時間40分

 

Fir(寝台特急)

PB232018

Photo by 新田浩之

ウクライナで長距離列車の主力は寝台列車となります。寝台列車の中で最上位の列車が「Fir」。Firは1等(2人用個室)と2等(4人用個室)で構成されます。最上位の列車ですが、基本的に古いです。

なお、ベッドメイキングは自分で行う必要があります。

<主な運転区間>
キエフ~リヴイウ: 約8時間
キエフ~モスクワ(ロシア): 約13時間~約14時間
キエフ~オデッサ: 約10時間~約13時間
キエフ~ハリキフ: 約9時間~約10時間
オデッサ~リヴィウ: 約11時間~約12時間

 

Sko(寝台急行)

11386485813_b3aeb53233_b

Photo by  Clay Gilliland

こちらも多く設定されています。Skoは基本的に2等(4人用個室)と3等開放寝台で構成されています。3等開放寝台は安いですが、全くプライベートがありません。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。