体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに、史上最強!

あまりにも無防備。
のはずが…超安心だって?

泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

たとえば、街中でのこんなシーン。これが自分ではなかったとしても、明らかに危険なサインですよね。ほんの一瞬、目を離した隙にカバンが跡形もなく消えてしまう。いくら近くに置いてあるとはいえ、視界から外れる場所なんてもっての外。
泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

こちらのシーンも。たしかにカバンこそ肘掛けの間を通して、簡単には持ちされなくしているみたいだけど、背後からナイフでチョキっといかれても、ちっとも不思議じゃありません。

なのに、ここで紹介する「LOCTOTE」は、スリも泥棒も思わず舌を巻き諦めざるを得ないような、あっと驚く仕掛けがあるんです。それこそが史上最強レベルのタフネスさ。これ、マジなんです。

切ろうが刺そうが
ゼッタイ破けない!

泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!
泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

どうです、このタフネスぶり。固いニッパーの刃を使おうと、ナイフだろうと、それこそ押しても引いても、ベルトもストラップもバッグ自体もまったく破れない。切れない。貫通しないんです。何なんだコレは?

防弾チョッキの素材で
バッグを作ってみました

泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

聞けばLOCTOTEに使用されている素材、実際に防弾チョッキ用に使用されている生地で作られているんだとか。弾丸すら通さない強度、だからこんなことしたって「切れてな〜い!」といった具合。

さらに、ストラップに使用されている生地は、航空機にも使用されるステンレス製のワイヤーが繊維の中に入った、こちらも強度が自慢のもの。
泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

けれど、いくら強度があろうとも巾着になった口を開けられてしまえば、何の意味もありません。ということで、巾着の口の部分は南京錠でロックする設計にしてあるんです。ワイヤー入りのストラップを椅子でも柱でも、クルッと引っ掛けてロックしてさえおけば、ちょっとやそっとのことでは持ち去ることも中身を出すこともできないってワケ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。