体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

f:id:mesitsu_la:20160424155013j:plain

こんにちは、ビールが飲めないメシ通レポーターの松永ですが、今日は京都駅前にある居酒屋取材に行ってみたいと思います。

張り紙ばっかりの謎めいたお店だそうですが……どんな所だろう。

f:id:mesitsu_la:20160424154948j:plain

場所は、京都駅からほど近く、七条新町の交差点のすぐ近くにそのお店はありました。

f:id:mesitsu_la:20160424154949j:plain

京都タワーの北側ですね。

f:id:mesitsu_la:20160424154950j:plain

路地の向こうに提灯の明かりが見えてきました。

f:id:mesitsu_la:20160424154951j:plain

入り口までくるとこんな感じです。

f:id:mesitsu_la:20160424154952j:plain

張り紙、手書きの筆文字がとてもいい具合の、なんとも「知る人ぞ知る」という感じを醸し出しています。

秀屋食堂を「ひでやん」と読ませるのは、ちょっと大阪っぽいというか、もしかしたらとても怖い偏屈なマスターがいたりするのかも。

f:id:mesitsu_la:20160424154953j:plain

直前になってビビってしまいつつ、恐る恐るドアに手をかけ……行ってみます!

f:id:mesitsu_la:20160424154954j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。