体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【調査】上司涙目……臭い上司がいると士気が下がるんだって

梅雨が近づきムレや汗でニオイが気になる季節が到来しちゃいますが、オフィスでは管理職のおじさまたちが日々香ばしいニオイを放っていて周りの女子たちが「臭い……」と思っていても、その9割が指摘できないでいるそうです。

【関連:除霊には霊能者よりも「ファブリーズ」が効く?オカルト界隈で話題に】

【調査】上司涙目……臭い上司がいると士気が下がるんだって

P&Gが男性の5大臭であるタバコ、汗、加齢臭、焼肉、体臭に効果を出す『ファブリーズメン』を6月に発売するのに先駆け、ちょっと興味深い調査結果を発表しました。

調査では30代から50代の管理職の男性100人にアンケートを採ったところ「上司として女性社員に気遣っていること」については83%が「いざという時責任を取る」と頼もしい解答をしていた反面、身だしなみについては8割以上が「ヒゲを剃ったり整えたりする」、7割以上が「寝グセ直しなど整髪をする」「体のニオイケアをする」と答えているのに対して「スーツなどの衣類のニオイケアをする」と答えていた人は5割程度しかいませんでした。

【グラフ1】上司として女性社員に気遣っていること

■男性「ニオイに気づかれてない」、女性「臭いです」

以前、編集部ではスメルハラスメントについて取り上げましたが、不快なニオイを撒き散らさないことは最低限のマナーです。しかし実際ではそのニオイに気づいていない場合や「この程度なら相手は気にならないだろう」と思っている人が多いようです。

【グラフ3】男性上司のスーツなど衣類のニオイが気になる女性社員から見て、男性上司は自分のニオイに気づいていると思うか

アンケート結果でも、なんと男性の9割がスーツの臭さに気づかれていないと思っているようでした。

一方で20代から40代の女性会社員300人にアンケートを採ったところ男性の衣類の臭さについては多くの人が困惑しているようで「その人が立ち止まるだけで生乾きのニオイが……」「染み付いたタバコの臭さで吐きそうになった」「臭いと近寄りたくない」など、辛辣な解答をしています。

しかし臭いと思っていてもそのニオイを指摘したことがないという女性は全体の92%にも上り、その理由としては「相手の気分を害するから」「上司に臭いとは言えない」というものが目立ちました。

■知らずしらずのうちに距離を取られていたら、臭いと思われているかも

指摘できない女性がほとんどな中、臭いのを我慢するか黙って相手の上司との距離を取っている人が多いという衝撃の結果も……。

例えば、1つのパソコンを見ながら仕事の相談をするという場合、「ニオイがない上司とは43cm程度の距離を取れば問題ない」と答えている一方で「臭い上司とは66cm以上の距離を取りたい」という解答結果に。また、飲み会で隣になった場合は「臭い上司とは1m程度距離を取りたい」という解答で、これは最早“隣”に座っているとは言えない状態です。

女性は指摘ができない一方で物理的に距離を取ることはあるようで、実に約5人に1人の上司が物理的に距離を取られたことがあると解答していました。
「もしや俺に恋心があるの!?」とおめでたいことを思っちゃう人もいるかもしれませんが、どうやらこれもニオイが原因であることが可能性大なようですよ。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。