ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

取材されやすい都内の海外レストラン!!旅行気分でごはんはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴールデンウィークが終わり次の連休は7月の4週目。。。連休で旅行になんて夢のまた夢。せめて気分だけでも海外旅行に行ってみませんか?そこで都内で世界一周した気分になれる「海外の味」が堪能可能なレストランをご紹介します。

 

「バリ島」へGO!

http://pefa.jp/bali-s/

 

ハネムーンとしても人気の高いインドネシアの「バリ島」の味が楽しめるのは、新宿にある「バリラックス・ザ・ガーデン」。ナシゴレンをはじめ、殻ごと食べられる蟹に大根おろしとピリ辛のサンバルソースを合わせせた、ピリ辛の新感覚「マッドクラブのおろしサンバル 」などの珍しいメニューも堪能できます。

 

「ここ、バリ島かしら?」と、思わせるような店内で結婚パーティーを開く方も多いようですよ。

 

「メキシコ」へGO!

http://www.mucho-mexicano.jp/

 

丸の内にある「ムーチョモダンメキシカーノ」。

目の前で火をつけて仕上げてくれる「ファヒータレモネード」を出すなど、本格的なメキシコ料理のお店。ギラギラした店内に、ガヤガヤとした大音量の音楽…

 

まさにメキシコの賑やかな雰囲気を味わえちゃうと評判。店員さんが料理を運ぶ際に目の前でパフォーマンスしてくれたりと、サービスも満点だとか。

 

「モンゴル」へGO!

@vataneko1127

 

草原が国土のほとんどを占める遊牧民の国モンゴルの食事において、特に羊はなくてはならない食材だそう。なかでも、しゃぶしゃぶはモンゴルでは定番のお料理。

小尾羊では、美肌効果抜群のモンゴル薬膳鍋が堪能できるそうですので、綺麗になってみては?

 

「フランス」へGO!

https://www.facebook.com/LUGDUNUM-Bouchon-Lyonnais-320401239916/

 

フランスといえば神楽坂!フランス人から見ても神楽坂は小さなパリだと言われ、このエリアにフレンチビストロが20軒以上もあるとのこと。パリの雰囲気を感じる石畳も人気。

その中でも口コミサイトで高い評価を受けているリヨン(フランス)料理のお店が「ルグドゥノム ブション リヨネ」。リヨンは「美食の街」とも呼ばれ食通なら一度は訪れた街です。

そんなリヨン料理やフランス料理が堪能できる神楽坂に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「トルコ」へGO!

http://burgazada.jp/index.html

 

麻布にある「ブルガスアダ」では、オスマン帝国時代のトルコの宮廷料理を楽しめるお店。歴代の皇帝たちに提供された門外不出のレシピは、一部の料理人たちにより今も守り継がれていますが、その継承者の一人であるオーナーシェフが、今昔の文化を重んじアレンジした料理を食べさせてくれる歴史さえ感じてしまうお店だそうです。

 

味は勿論、その国を思わせるようなお店の内装も必見です。「気分が海外」を堪能されてみてはいかがでしょうか。


おとなの週末 2015年6月号
Fujisan.co.jpより

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP