ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YOSHIKI、自身の公式チャンネル放送にGACKTと高見沢俊彦が生出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YOSHIKIの公式チャンネル「YOSHIKI CHANNEL」とGACKTの公式チャンネル「OH!!MY!!GACKT!!」の一夜限りのコラボレーション番組が六本木・ニコファーレから生放送された。

番組は開始前から20,000人を超える視聴者が集まり、夢の競演を心待ちにしていた。21:50過ぎ、MCの奥浜レイラがYOSHIKIを招き入れると ニコファーレの360度LEDスクリーンが「X」の弾幕で埋め尽くされた。22日に日本入りしたYOSHIKIは「HYDE(L’Arc-en-Ciel)と2人きりでディナーを…ワインを飲みながらすごい楽しかった」「氷室京介さんのドーム最終日に行きましたよ」などざっくばらんに話し、サプライズとして、YOSHIKIのディナーショーが8月30日(火)31日(水)リッツカールトン大阪、9月2日(金)3日(土)にグランドハイアット東京で催されることも発表された。

そしていよいよGACKTが登場。GACKTとのメディアでの共演は実に11年ぶり、さらに生放送での共演は初めてとなる。二人が揃って画面に登場すると、ユーザーからは「8888888」の弾幕で埋め尽くされ、GACKTは早速、サイン付きのCDをプレゼントし、固く抱き合い再会を喜んだ。

和気あいあいの雰囲気の中、2人が初めて会った時のエピソードを語り、YOSHIKIは「初対面でシャンパンを16本空けた。X JAPANのアルバムが遅れたのはGACKTのせい」と笑いながら話すと、GACKTからは「勘弁してよ」とばかりのツッコミ。「ボクらのジャンルの世界は上下関係が厳しい。当時はボクが一番下だったし接点もなかった。でも初めて会った時からすごい面白くて、気付いたら兄弟みたいになってた。もうちょっとしっかりしてよ!って感じ(笑)」と話すと、YOSHIKIは「弟のようだけどちゃんとしてる」と認めた。

二人は、SUGIZO、MIYAVIと結成した伝説のユニット「S.K.I.N.」について語り始め、GACKTが、S.K.I.N.伝説のライブとなったアメリカで行なわれたライブ当日のエピソードを語り、「ボクはきっちりリハーサルをやるタイプなので、リハをしないYOSHIKIにイライラして、もう大嫌いになってた。けど、本番歌っている途中で後ろを向いて、ドラムを叩いているYOSHIKIの姿を目にした時、本当にカッコイイと思った。あんな嫌いだったのに(笑)。ヴォーカルとして、自分の背中をあんなに安心して預けられる人がいるんだって思った。こういうのってヴォーカリストとして幸せなんだなあって」と思いを吐露すると、YOSHIKIは「Toshlは、後ろから何が飛んでくるか分かんないから安心できないって」と笑わせる場面も。

久しぶりの競演を心から楽しみ、ワインも進み上機嫌。最後には2ショット写真を撮ることになり、GACKTが「アヒル口」をYOSHIKIに指導しながら、ワイワイと仲の良いところを見せ、GACKTの先月発売されたばかりの7年ぶりのアルバム『LAST MOON』を“よろしく”とYOSHIKIが告知すると、「初めてお兄ちゃんっぽいことしてくれた!」と満面の笑顔を浮かべ嬉しそうだったGACKT。11年ぶりの競演はファンにとっても2人にとっても忘れられない夜になったようだ。

GACKTとの共演を終えたばかりの翌日24日(火)には、THE ALFEEの高見沢俊彦を迎え、約20年ぶりとなる共演を果たした。番組では二人の出会いから音楽性に関する話などで盛り上がり、後半ではTHE ALFEEの代表曲「メリーアン」「星空のディスタンス」をYOSHIKIが即興アレンジでピアノ演奏する一幕も。生放送を視聴していたファンからも「神回!」とコメントが飛び出す貴重な配信となった。

番組がスタートし、会場のニコファーレに登場した高見沢。今回がニコニコ生放送初出演となる高見沢は周囲を流れるたくさんのコメントに驚いた様子。「88888って何?」と質問する高見沢に、「拍手のことなんですよ」とニコ生に慣れているYOSHIKIがレクチャー。

二人の出会いは古く、20年以上前に遡ります。お互いの第一印象について「XのYOSHIKIっていろんな噂を聞くけど、礼儀正しくておちゃめ。好印象でしたよ」という高見沢に対し、YOSHIKIは「THE ALFEEは聞いてたから、高見沢さんが目の前にいるってすごいなって。インディーズから来た僕は先輩にいじめられたときもあったけど、高見沢さんはすごく優しかった」と改めて友情を確認しあう場面も。番組中盤では高見沢のギターコレクションの写真を見ながらのトークへ。高見沢は過去には4本ネックやウルトラセブン、F1などとコラボしたギターを所有していたとのことで、特に4本ネックのギターについては「重くて弾けないし、下のネックは届かなくて弾けなかったんだよ(笑)」と告白し、YOSHIKIを笑わせる場面も。

また生放送後半では、作曲の話からYOSHIKIがTHE ALFEEの代表曲として知られる「メリーアン」「星空のディスタンス」をピアノアレンジで即興演奏することに。この豪華コラボレーションにニコニコ生放送視聴者からは絶賛のコメントが多数書き込まれ、最後は拍手コメントが弾幕となって画面を覆い尽くす盛り上がりを見せた。

演奏を聞いた高見沢も「これはすごいよ!」と絶賛。YOSHIKIが「今度、THE ALFEEのコンサートに飛び入りしましょうか」と提案し、高見沢も「飛び入りしてよ!」と答える場面も。今後の夢のコラボレーションが期待できる伝説的な一夜となった。

■YOSHIKI CHANNEL

http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial

■OH!! MY!! GACKT!!

http://ch.nicovideo.jp/gackt

■THE ALFEE オフィシャルHP

http://www.alfee.com/


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP