ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐との絡みが話題の工藤静香 最近は変装なしで堂々と外出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《あの呼び方、すごい仲良さそう》、《娘のことも普通にしゃべってる!》。5月13日夜9時、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)放送直後のツイッターはざわついていた。

 この日、工藤静香(46才)が14年ぶりに同番組に出演。黒のミニドレスで『嵐の素顔』を熱唱した。同日の放送は『嵐』と『Hey! Say! JUMP』もゲスト出演。“その”場面は『Hey! Say! JUMP』のステージ直前のことだった。

「静香ちゃん、彼らのことは知っているの?」

 司会のタモリ(70才)に問いかけられた静香は笑顔でこう返す。

「もちろんです! 知ってますよ~。娘に教えてもらって」

 その言葉を聞き、同メンバーの山田涼介(23才)は恐縮した様子で何度も頭を下げる。静香が続ける。

「最初、『暗殺教室』(山田が主演の映画)ってゲームなのかなって娘に聞いたら、本からアニメになって、実写版になって、ジャニーズのかたがやってるんだよって。それが山田さんだったっていう。で、最後まで見たら、二宮クンが先生役をやっていて…。すごいビックリしちゃって」

 隣に座る二宮和也(32才)もまた「ありがとうございます」と笑顔を見せる。テレビ関係者が語る。

「珍しいことですよね。木村拓哉さん(43才)と結婚して以降、静香さんがメディアで家族の話をすることはほとんどありませんでしたから。木村さんの人気や立場を考えて、“妻”とか“家族”の色は極力出さないように配慮していました。でも今回の放送では自然にお嬢さんのことに触れています。

 二宮さんと絡んだのも反響は大きかった。同じ理由で、彼女はジャニーズのタレントと絡まないようにしてきました。それなのに今回は“二宮クン”と仲の良さを隠すことなく見せていた。静香さん、対応が変わったなと思いましたね」

 表舞台で“夫の弟分”たちとの仲をつまびらかにすることはなかったが、プライベートで静香の面倒見の良さはよく知られたところだという。

 一連のSMAP騒動で彼女が“キーマン”といわれたのもその影響力のゆえ。木村が事務所に残留するよう説得したのも静香だったと報じられた。

「木村さんはよく後輩を食事に誘いますが、その時は家族も一緒。場をうまく和ますのが静香さんです。彼女は面倒見がいいですから。いろいろ騒動がありましたから、下手に取り繕うのではなく自然体でいようと決めたんじゃないですか」(静香の知人)

 騒動渦中は、外出時にも警戒していたが、最近は変わったという。近隣住人が言う。

「堂々と変装なしで外出されていますよ。娘さんと一緒に愛犬の散歩をしたり。もちろん道行く人々は全員振り返りますが、まったく気にもしていない。そのままパン屋さんの列に並んだり」

 5月初旬、静香は都心のカフェで長女(15才)とランチをしていた。30℃近い暑い日とあって、Tシャツとデニムというラフな格好。静香は友人親子と合流し、周囲の目を気にすることなく談笑。時には店の外に出て、電話するなどこの日も自然体だった。

「しばらくすると下の娘さん(13才)も来店して、母娘友人一同、盛り上がっていました」(居合わせた客)

 自宅近くの花屋でも、静香の姿は頻繁に目撃されている。

「よく、お知り合いのかたにお花を贈られています。友人のライブや舞台だとか、記念日だとか。胡蝶のような派手なものではなく、さりげなくかわいいものを選んでいました」(前出・近隣住人)

 木村もまた、以前にもまして外出する姿がよく見かけられるようになった。

「静香さんの実家がすぐそばにあるんですが、最近、ご実家の犬を木村さんが散歩しているのを見かけました。ペキニーズっていう小さな犬で、木村さんがリード引いて歩いてるんですから、通行人は驚いて立ち止まります。渦中の木村さんに犬の散歩をお願いするのも飾らない性格の静香さんらしいというか(笑い)」(別の近隣住人)

 来年、静香はソロデビュー30周年を迎える。メディア露出は今後さらに増える予定だという。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
工藤静香 ディナーショーで結婚記念日を忘れたエピソード披露
九十九里の地元サーファー 木村拓哉の来訪で「風評一掃」
SMAP騒動裏側 メリー氏は工藤静香にとって母のような存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。