ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

波平の双子の兄・海平 フネが間違えるほどそっくり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。

 そんな『サザエさん』のお父さんといえば波平。その波平には、福岡県に住む一卵性双生児の海平がいることは有名だ。

 長谷川町子美術館学芸員の相澤弘子さんによると、「妻のフネさんでさえ間違えてしまうほどそっくりです」とのこと。サザエが丁寧に来客である海平に挨拶をしていたら、フネさんが「いやだ!! ふざけないでくださいよ!」と笑いながら海平をポンと叩くシーンも原作には登場した。(朝日新聞朝刊1958年8月19日)

 髪が1本の波平と比べて、海平は2本。そしてメガネをかけていない、という違いがある。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
サザエさん 作者が海岸を散歩していたから海産物の名前に
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
「理想の孫」 タラちゃんのような孫はどうすれば育つのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。