ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、ホンダ、トヨタ 伝説の名経営者たちの格言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 経済大国ニッポンを支えた昭和の偉大な名経営者は必ず「格言」を持っていた。彼らはその言葉で社員を、そして社会を成長させていた。“言葉の経営学”ともいえる金言葉の数々には、日本経済復活の大きなヒントが詰まっている。

●土光敏夫(東芝、IHI元社長/1896~1988年)

〈沈まない船はない。つぶれない企業はない。すべては人間次第だ。一般社員は、これまでより三倍働け、重役は一〇倍働く、僕はそれ以上に働く〉

※『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』(出町譲著、文春文庫)より

 経団連会長も務めた土光は、その猛烈な仕事ぶりから「土光タービン」と称された。この言葉は1965年に経営危機に陥った東京芝浦電気(現・東芝)を立て直すため、社長として乗り込んだ時に語ったもの。会計問題で揺れる東芝経営陣に土光の言葉はどう響くか。

●松下幸之助(パナソニック創業者/1894~1989年)

〈世間は誰ひとりとしてきみの成功を邪魔したりせんよ。やれないというのは、外部の事情というよりも、自分自身に原因があるものなんや。外部のせいではない、理由は自分にあるんだということを、常に心しておく必要があるな〉

 この言葉は参議院議員の江口克彦氏が若い頃、松下幸之助から送られた言葉だ。江口氏は松下が亡くなるまでの22年間、秘書として近くで仕えた松下イズムの継承者である。

「経営の神様、松下幸之助の言葉は新鮮な“気付き”に満ちている。彼は人間学の大家だった。『人間観の研究』という勉強会を立ち上げ、人間を見つめ続けた。我々もスマホやパソコンばかりを見ているのではなく、人間としっかり向き合ってみる必要があるのではないだろうか」(作家・北康利氏)

●本田宗一郎(ホンダ創業者/1906~1991年)

〈いや、いいんだよ、その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだよ〉

※『経営者100の言葉』(山口智司著、彩図社)より

 社員から「オヤジ」と慕われた本田は全国の工場を訪問した際、汚れを気にして握手をためらう作業員の手を握りしめ、「油まみれの手がいいんだ」と語りかけた。

●豊田英二(トヨタ自動車元会長/1913~2013年)

〈いかに立派な社是、社訓でも、これが一つの社風になるまで年期をつみ上げないと物にならない。そして、社風なき会社からは、立派な人材や製品は生まれてこない〉

※『あの会社のスゴい社訓』(浜口直太著、晋遊舎新書)より

 創業家出身で5代目社長となった英二は今日のトヨタの基盤を作り、「中興の祖」と称される。25年に及ぶ社長・会長時代を通じてトヨタの「社風」を築き、「モノづくりは人づくり」との理念を浸透させた。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
世界的大企業を翻弄 経営の神様は交渉術も一流だった
松下電器VSダイエー テレビ値引販売で揉め和解に30年要した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP