ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大生の母座談会 息子のスマホ使用・父との関係に共通点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子を持つ親にとって、受験は大きな問題。そこで今年東京大学に入学した子供を持つ3人のママに、話を聞いた。東大生ママたちはどう受験を乗り越えた?

【新東大生ママ プロフィール】
■松澤玲子さん・52才/息子さんが公立の高校を経て文IIIに合格。家族構成は祖父母・父・母・本人。松澤さんの最終学歴は4年制の大学の外国語学部卒業。今は英語の講師として働いている。

■森川千尋さん・43才/松澤さんと高校の同級生だった息子さんが、理IIに合格。家族構成は、父・母・本人・弟が2人。森川さんの最終学歴は高校卒業。今はパートで働いている。

■宮下紀子さん・42才/息子さんが中高一貫の男子校を経て、文Iに合格。家族構成は父・母・本人・妹・弟。宮下さんも東大文学部の出身であり、今はコンサルタントの仕事に就いている。

 3人とも子供に対して「勉強しなさい」とはほとんど言ってこなかったという。では、どういう面でサポートしてきたのか。「受験の際、何を手伝った?」と質問すると、3人が「食事です」と声を揃えた。

森川さん:うちの子、受験で太ったんですよ(笑い)。食べることしか楽しみがないって感じで、冷凍食品を使うと「これ冷凍?」って怒られたり(苦笑)。とくにお肉を欲しがってました。

松澤さん:うちは夜食でよくうどんを作っていました。学校が終わって家に帰るとご飯を食べて、それから塾へ。それが22時くらいに終わるので、帰って来てその後にうどん。毎日遅くまで勉強していましたが、やっぱりご飯以外、私がしてあげられることはないので。

宮下さん:年明けはとくに気を使いました。風邪をひかせないように、インフルエンザになると1週間パーになっちゃうので。柑橘系としょうがを積極的にとらせてましたね。

――なんとなく勉強の妨げになるとのイメージを持つのがスマートフォン。「スマホは取り上げた方がよいのでは?」と悩むママも多いかもしれないが、新東大生ママ3人は…。

松澤さん:たしかに、ハマりすぎたり依存しすぎはよくないと思いますけど、息子は「LINEなんてくだらない」と、自分からやめたし、ゲームにもハマらなかったので、いいかなと。

森川さん:うちは肌身離さず持っていたんですけど、成績に支障がないから、そのまま。下の子がすごくハマって取り上げたことがあったんですが、半狂乱になってしまって。カウンセラーから「命の次に大事なものを取り上げちゃいけない」と言われて、そうなのか!と。

宮下さん:うちは家族もLINEでやりとりしてたから、禁止してなかったですね。

――実は今年、世界史の試験では“めったに出ない”という現代史の問題があり、SNSを含め日頃から自分で情報を集めていないと解けないものがあった。社会と遮断し、受験勉強をさせているだけではいけない──そんな東大側のメッセージも読み取れる。

 勉強や高校生活は子供に任せ、おいしいご飯を作り、体調を整えるママたち。そこに父親はどうかかわっているのだろう。

松澤さん:主人は私に「どうだ?」と聞いてくるけど、子供とはそんなにしゃべってなくて。LINEも私と息子はやるけど、主人は省かれてます(笑い)。

宮下さん:うちの夫も蚊帳の外。受験に関しては夫はどちらかというと苦戦した方なので子供たちは夫の言うことをきかないんです。

森川さん:うちの主人は忙しさにかまけて話を聞いていない人で。受験校についても、ずっと報告してきたのに、願書を出す段階で急に「なんでこんなに受験するんだ?」なんてひっくり返すようなことを言ってきて。「今さらなによ!」ってけんかになったことも。だから基本的に子供とのやりとりは、私が窓口になってますね。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
東大生を子に持つママ「勉強しなさいとは言わない」
塾の「お弁当戦争」コンビニ飯持たせたら「母親失格」と陰口
清原和博氏の次男 長男に続いて超難関有名私立小学校に合格

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP