ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BMW M4GTSは自在に操れる公道のレーシングカーだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲ヨーロッパではプレミアが付いているらしい。もっとも、そんな損得勘定よりも、サーキットを存分に楽しめるBMWという選択は魅力的。ハイパフォーマンスを楽しむのはサーキットに限る、わけだから、実用性も最低限あるM4GTSなら、ほぼ理想的だ

BMW史上最強の公道走行可能な“レーシングカー”

世界限定、たったの700台。だから、およそ2000万円というハイプライスながらすでに完売御礼。日本へはそのうち30台がやってくるらしい。ニュルブルクリンク北コースでポルシェ 911GT3を上回るラップタイムを記録した(と考えると1950万円もバーゲンか? )、とってもエクスクルーシブなM4を試しに、スペインのGPサーキット・カタルニアで開催された国際試乗会に参加した。

6点式シートベルトでカーボンセル+レザー仕立てのバケットシートに縛り付けられる。アシッド・オレンジのロールバーがものものしくルームミラーに映っていた。ヤル気まんまんで、500馬力のエンジンをスタート!

いやはや、なんとも過激なサウンドじゃないか。チタンテールパイプから響き渡る直6ツインターボエンジンの咆哮は、なるほどサーキットトラックにお似合いのラウドさ。

速度制限のピットロードを2速でゆっくり走らせていても、アクセルオフでは強烈なバックファイア音を響かせていた。

数周のウォームアップののち、いっきに速度を上げていく。加速の鋭さもさることながら、専用チューニング仕立てのデュアルクラッチDCTによるダイレクトかつ俊敏なシフトアップに驚嘆。ガツンと踏みつつ微妙なコントロールを許すブレーキシステムも抜群。

サーキットでのハンドリングは、前アシの動きが文字どおり手に取るように分かる、といった大変高いレベルのもので、最新レーシングカーのフィールに近い。後ろアシが時おり500馬力をもてあましたとしても、自然と即座に対処できてしまうあたり、すべての動きが正確にドライバーへと伝わっているということの証だろう。“自在に操れる”という表現は、まさにM4GTSのためのフレーズだと思う。

▲CFRP製パーツや室内軽量化構造など徹底的に軽量化、パワー・ウェイト・レシオ3.2kg/psを実現した

▲軽量化のため2シーター仕様に。ロールバーなどが備わるクラブ・スポーツ・パッケージやCFRP製バケットシートが備わる

▲CFRP製の角度調整式ウイングなど多くの専用装備を装着。リアランプには平面で均一に発光するOLEDを採用した

【SPECIFICATIONS】

■グレード:M4 GTS ■乗車定員:2名

■エンジン種類:直6DOHCターボ ■総排気量:2979cc

■最高出力:500/6250[ps/rpm]

■最大トルク:600/4000-5500[n・m/rpm]

■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT

■全長x全幅x全高:4690x1870x1385(mm) ■ホイールベース:2810mm

■車両価格:1950万円text/西川淳

photo/ビー・エム・ダブリュー

関連記事リンク(外部サイト)

BMW M2クーペは手ごろな楽しさを思い出す昔のM3後継といえる1台だ
BMW 330eは輸入PHEVが流行るきっかけになる可能性を持つクルマだ
BMW7シリーズは真のBMWフリークにオススメしたいクルマだ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP