ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・ストロークスがフロントマンのジュリアン・カサブランカスが主宰するレーベル<Cult Records>から4曲入りの新作EP『Future Present Past』を2016年6月3日にリリースする。

 先日ジュリアンがサテライト・ラジオSiriusXMで自身の番組『Culture Void』をスタートするというニュースとともに、突如NYやロンドンでバンドロゴ、レーベルロゴと“FUTURE”、“PRESENT”、“PAST”の言葉が映し出されたティーザー映像などが公開され、新曲のリリースが近いのでは、と噂になっていたザ・ストロークス。

 そして『Culture Void』にて、新曲「OBLIVIUS」が公開され、約3年ぶりの新作となる『Future Present Past』EPのリリースが明らかになった。今作は、ザ・ストロークスの『カムダウン・マシーン』(2013年)、『アングルズ』(2011年)やギタリストのアルバート・ハモンド・ジュニアのソロ作などを手掛けたプロデューサーのガス・オバーグとともにテキサス州オースティンとNYでレコーディングされており、バンド・メンバー5人が集まって行われた約10年ぶりのインタビュー映像も公開されている。

 現在Apple Musicでは「OBLIVIUS」をはじめ、「Drag Queen」、「Threat Of Joy」の3曲が視聴可能となっており、<Cult Records>のウェブサイトでは、LPなどのプレオーダーも行われている。

 ザ・ストロークスは、5月31にNYでライブを行い、6月3日には【Governors Ball 2016】のヘッドライナーを務める。加えて、5月30日~6月5日にかけてポップアップ・ショップがNYにオープンする。

◎『Future Present Past』トラックリスト
1. Drag Queen
2. OBLIVIUS
3. Threat Of Joy
4. OBLIVIUS (Fab Moretti Remix)

◎ザ・ストロークス Apple Music アーティストページ
https://itun.es/jp/HYic

◎A Conversation With The Strokes
https://youtu.be/epCoej5WSAc

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ストロークスのアルバートが妻の所有物を盗んだスリを撃退
アルバート・ハモンド・ジュニア ザ・ストロークスのギタリストが8年ぶりの来日公演で魅せた新境地
ザ・ストロークス、新作の制作中であることをステージ上で暴露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP