体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【教えてブラックダイヤモンド!】第1回「女子が既読スルーするときの気持ちがわかりません」(会社員/37歳/男性)

答えてくれる人:ブラックダイヤモンド
左からえりもっこり、ぽみたん、あゆゆん

Twitter、Facebook、メッセンジャーにLINE。便利な時代になったけど、その反面、気になる女子への”SNSアプローチ”は不安だらけ……。アレはOK? コレはNG? こういうとき、女子は一体なに考えてるの??? ……そんなとき、我々はどうすればいいのか? 聞けばいいのである。その道のプロに。

さて、進化著しいこの分野において、常にその舳先に立ち、コミュニケーションカルチャーを牽引してきた集団がいる。ギャルである。

本連載は、ケータイやスマホによるSNSコミュニケーションの悩みを持つ20〜40代男子が、コミュニケーション強者たるギャルたちに悩みを打ち明け、ありがたいアドバイスをいただくというものだ。ギャルはギャルでも、どうせなら黒い方がいい。黒ギャルだ。我々はさっそく渋谷のガングロカフェに向かった。ちょいと黒めのギャルユニット「ブラックダイヤモンド」に会うために。

第1回目のお悩みは「女子が既読スルーするときの気持ちがさっぱりわかりません!」である。

今回集まってくれたのは、三度の飯より酒が好きという「えりもっこり」(23歳)、いまでは貴重なパラパラの伝道師「ぽみたん」(25歳)、少女漫画を描くのが趣味の「あゆゆん」(25歳)という3人。

いずれも、ギャルには必須のコミュニケーション術と恋愛術に長けた選抜メンバーだ。彼女たちの口から、どんな本音が飛び出すことやら……。

身内はLINE、仕事はTwitter?

――そもそも、皆さんはどんな連絡ツールを使っていますか?

ぽ「身内とはLINE、ファンとのやりとりはTwitterとかって使い分けてます。私はそこは線引きしてる。」

あ「うん、LINEはリアルの友達とだけ。会ったことない人に個人情報教えたくないし。」

え「友達以外とはTwitterのDMかリプ(編注:リプライ)ですね。」

ぽ「あとは、たまにFacebookのメッセンジャー。」

――LINEは1日に何通ぐらい送るんですか?

ぽ「うーん、平均で20とか30とか? 昔は100とか当たり前でしたけど。」

え「ガラケーの頃はパケット制限一杯までメールを送ってました。1日1,000通以上とか(笑)。」

――基本的にLINEの返信はすぐにするんですか?

え「うちはけっこう既読スルーする系なんで。友達からLINEがきてもほんと場面(編注:そのときの状況や気分次第)ですね。ヒマだったら返しますけど、そうじゃない時は開いても返さないことがけっこうあります。」

あ「私はほとんど未読スルー(笑)。既読にして返さないのはかわいそうだから、一応気を遣ってる。で、返せる時に一気に50通とかまとめて返す。まじめな話題の時はじっくり考えて返したいっていう気持ちがあるんで、一画面で収まらないぐらいの長文で。」

ぽ「優先順位はありますね。たとえば、仕事関係の人のは友達よりも先に開く。で、最初の1行を読んで返すタイミングを判断します。だから、どうでもいい話の最後に重要なことが書かれてたら困る。自分でも文章のいちばん上に重要なことを書きます。」

既読スルーは女子からの合図

――じゃあ、男性からのLINEを既読スルーする理由はなんなんですかね? 単に忙しいからだと思いたいけど、嫌われてるんですかね、やっぱり。

あ「いろいろあると思いますよ。ホントに忙しい場合もあるし。」

ぽ「でも、たいていは面倒臭いからでしょ。前に1回既読無視してんのに10通ぐらい連続で来たことがあって。「なんで返してくれないの?」って。で、相手がわかってくれないないからわざとすぐに既読にしてやるんですよ(笑)。未読のままにしておくと余計に相手がアタマにくるなっていうのもあるから。」

あ「男の人は相当メンタル強いですよね。返してないんだから待とうよそこは、って思う。」

え「うち、既読スルーするのは今10人ぐらい。」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy