ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーガーショップに長蛇の列。その理由にコメントが殺到!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件とは?

以下、その内容を紹介します。

バーガーショップの店員と、
その利用客のやりとりに感動!

こういうことを投稿するのは初めてだけど、今夜見たことをシェアしたいと本当に思った。

彼氏と「Whataburger」のドライブスルーに行ったら、全然順番がまわってこなくて、しびれを切らして店内に入ることにした。

中は長蛇の列。でも、時間はもう深夜一時過ぎ。お腹は空いていたけど、我慢して並ぶことにした。でも、なかなか前に進まなかった。

何人か働いている人が見えた。時間がかかっているのはなんでだろう?と疑問に思った。けれど、前のカップルに順番がまわってきたとき、その理由がわかった。

女の子が注文内容を伝えると、受付の店員は彼女に笑顔を送ってこう言った。

店員「私は耳が不自由なので、ゆっくり話していただけますか?」。

女の子「あ、もちろん!」。

彼女は店員の言うとおりにもう一度注文を始めた。だけど、やっぱり聞き取りづらいようだった。すると、女の子はペンと紙を手に取り、注文を書き出した。ためらいや苛立ちは見せずに、彼の仕事を親切にサポートしていた。

私は、自分の注文を終えたあとも、並んでいる利用客が彼にどんな反応をしているのか、その様子を眺めていた。もし、短気な人が現れて文句をつけ出したら、みんなもっと待たなければいけなくなるし、ガマンできなくなってしまう。でも、そんな人物はひとりも現れなかった。

みんな彼に合わせて、文字で注文していた。一言のクレームをつけることもなく、ただ彼に微笑みかけていた。

この話を共有する理由は2つある。

1つ目。耳に障がいがある彼には仕事があり、常にコミュニケーションが必要とされる環境で働いている。

彼は、フェアな職場を与えられ、快く、笑顔で努力を続けている特別な人間だ。それって、とてつもなく感動的で注目するに値する。「Whataburger」に敬意を。

2つ目。世界はとてもひねくれていて、毎日他人をいじめるような人間を目にする。うまく伝えられないけれど、ここで大勢の人々の小さな親切を目にして、どんなに心が洗われたことか。それぞれが持っているプライドや、自分が抱えている問題、空腹、そういうことを忘れられる出来事なんてそうそうない。でも、この日は自分のことではなく、他人のことばかり考えていた。目が覚める思いがした。私は、この瞬間に起きた出来事を忘れない。

Licensed material used with permission by Kolbie Sanders

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。