ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクC&Sとグラモ、家庭の電力使用量を専用アプリをインストールしたAndroidから監視できる「iRemocon Wi-Fi」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク コマース&サービスとグラモは 5 月 27 日、家庭の電力使用状況をリアルタイムに監視できる HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)「iRemocon Wi-Fi」を、ソフトバンク コマース&サービスの「おうちソリューション」の新商品として販売を開始しました。iRemocon Wi-Fi は、30 分ごとの電力使用量と電気料金を、専用アプリをインストールした Android から確認したり、あらかじめ設定した電力使用量を超えた場合に通知をしてくれる機能が搭載されています。また温度、湿度、照度センサー搭載で室内をモニタリングし、イメージマップによる状況の可視化も行ってくれます。このほかに家電と接続して、iRemocon Wi-Fi を通して Android から家電を遠隔で操作する IoT コントロール機能も搭載されています。iRemocon Wi-Fi はその名の通り Wi-Fi 対応で、LAN ポートも搭載しています。本体価格は税込み 34,560 円で、SoftBank SELECTION オンラインショップのほかに一部のソフトバンクショップから購入することができます。Source : SoftBank SELECTION オンラインショップ

■関連記事
Android版Skype v7.0がリリース
OnePlus 3が中国で認証を取得
Android版niconicoアプリの動画視聴履歴がアカウント共通の視聴履歴に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP