体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】達人に聞く!イタリアB級グルメ究極においしいパニーノの注文法

「パニーノ」とはイタリアのサンドイッチ。ランチタイムやおやつに、手軽に食べられ、具の組み合せ次第でバリエーションも豊富なパニーノは、イタリアで最もポピュラーな食べ物のひとつです。

究極のイタリアB級グルメ「パニーノ」を極める!

子どもから大人までみんな大好きパニーノは、イタリアの町でたくさん売られています。すでに出来た物を売っているところもありますが、実は、好みの具を入れてその場で作ってくれるパニーノ屋が多くあります。

せっかく本場に来たならなら、ぜひ好みの物を作ってもらって食べたいところ。では、どんな風にオーダーして作ってもらったらいいの?

おいしいパニーノの注文の仕方、そしてパニーノのプロが伝授するおすすめのパニーノをご紹介します。

パニーノの注文の仕方

究極のイタリアB級グルメ「パニーノ」を極める!

1. まずパンを選びます
たいていのお店には、いくつかの種類のパンが置いてありますので、まずは好みのパンを選びましょう。

究極のイタリアB級グルメ「パニーノ」を極める!

【主なパンの種類】
・ スキャッチャータ(上記写真上)
・ パーネ・トスカーノ(上記写真下)
・ フォカッチャ
・ チャバッタ
・ ロゼッタ
・ パーネ・アッラクア

など。置いてあるパンはお店によって違います。

2. 具を選ぶ
チーズやハムから、好みの具を選びます。トマトやルッコラなどの野菜類、また、トリュフやポルチーニなどのクリームもありますので、組み合せは無限大です。

【主なチーズの種類】
・ モッツァレラ
・ リコッタ:フレッシュチーズのひとつで、牛の他、羊やヤギの乳でも作られます
・ フォンティーナ:セミハードタイプのチーズ
・ ポロヴォローネ:セミハードタイプのチーズ
・ グラーナ・パダーノ:パルミジャーノチーズと同じ熟成タイプのチーズ
・ ペコリーノ:羊乳のチーズ
・ ストラッキーノ:クリーミーなスプレッドチーズ。パニーノの具としてよく使われます
・ ゴルゴンゾーラ:青カビチーズ

など、ヨーロッパでも有数のチーズ大国であるイタリアですから、その種類も豊富です。

究極のイタリアB級グルメ「パニーノ」を極める!

【主なハムの種類】
・ プロシュート・クルード:生ハム
・ プロシュート・コット:ハム
・ サラーメ:サラミ
・ フィノッキオーナ:フェンネルシード入りのサラミ(主にトスカーナ地方)
・ サルシッチャ:イタリアの生ソーセージ
・ ポルケッタ:豚肉の香草焼き
・ ドゥイア:南イタリアの辛いソーセージ

など、など。

【その他の具材】
−野菜類
・ トマト、ルッコラ、バジル、レタスなどのフレッシュ野菜
・ ドライトマト、アーティチョーク、オリーブなどのオイル漬け
・ なす、ズッキーニ、パプリカなどのグリル野菜

−ペースト、クリーム、ソース
・ ジェノベーゼペースト
・ トリュフクリーム
・ ポルチーニソース
・ オリーブペースト

その他の具として、アッチューゲ(アンチョビ)などもよく使わせます。

用意してある具はお店によって違いますが、はてさて、こんなに種類があっては、どれを選んでいいか困ってしまいますよね。そこで、パニーノの達人に、おすすめのパニーノを教えてもらいました。

パニーノの達人に聞く、おすすめパニーノ

おすすめのパニーノを教えてくれたのは、好みの具材でパニーノを作ってくれるこちらのお店「Da Fiaschino」のステファノさん。

究極のイタリアB級グルメ「パニーノ」を極める!
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。