ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アラスカ観光はこれで完璧!おすすめの観光・ホテルも紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はアメリカ合衆国アラスカを訪れる前に知っておきたい観光情報をお伝えします。この記事ではアラスカの見所からオススメのホテルまで一挙に解説。この記事を読めば、アラスカで困ることはないでしょう!

アラスカってどんな場所?

アラスカの観光スポットを紹介する前に、アラスカの概要を確認しましょう。アラスカはアメリカ大陸最西端に位置します。面積ではアメリカ合衆国最大の州。貴重で豊かな自然が有名で、アウトドア愛好家からは「聖地」と呼ばれています。人口は約73万人、州都はジュノーになります。
Photo credit:US Embassy Panama via Flickr CC

Photo credit:US Embassy Panama via Flickr CC

アラスカ観光の魅力

ではここからは、アラスカ観光の魅力について紹介。シーズンごとに環境は大きく違ってくるので、夏と冬に分けて説明します。

夏のアラスカ

アラスカの夏シーズンは5月から9月まで。このシーズンには多くの観光客が集まってきます。夏シーズンのオススメはデナリ国立公園。ここでゆっくりと散策しながら、迫力あるアラスカの自然を味わってみましょう。また、デナリ国立公園の北に位置するフェアバンクスでは、昔のアメリカ船に乗れたり、砂金採りを体験したりすることができます。

冬のアラスカ

アラスカといえば「冬」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。冬のアラスカでは、オーロラ観測、犬ぞり、スキーなどワクワクしそうなウインタースポーツがたくさん体験できます。そのようなダイナミックな自然現象を体験できるのも冬の魅力です。なお、日照時間は5~6時間ほどです。

アラスカのオススメ観光スポット

それでは具体的にアラスカのオススメ観光スポットを見ていきましょう。

1. デナリ国立公園(シーズン:夏)

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」
トップバッターは雄大なアラスカを体験できるデナリ国立公園です。デナリ国立公園には北米大陸最高峰のデナリ山(6,190メートル)がそびえ立っています。デナリ国立公園の魅力は生き生きとした動植物たち。37種類の哺乳類、130種類の鳥類、数百種類の高山植物がデナリ国立公園にはあります。ぜひ、デナリ国立公園で数泊して、アラスカの自然観察をしてみましょう。新たなアラスカを発見できるに違いありません。

基本情報
名称:デナリ国立公園(Denali National Park & Preserve)
住所:George Parks Hwy, Denali National Park and Preserve, AK, アメリカ合衆国
電話番号:+1 907-683-9532
ホームページ:http://www.nps.gov/dena/index.htm

2. 氷河観光(シーズン:夏)

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」
北のアラスカまで来たのであれば、氷河を見ておきたいですよね。一言で「氷河観光」と言っても、観光船から眺めるコース、飛行機やヘリコプターから見下ろすコース、バスで対岸から見るコースなど、バラエティー豊富。ぜひ、自分がイメージしている氷河観光に近いコースを選択してみましょう。オススメはウィッティア港から出発する「26氷河クルーズ」。氷河が崩れゆくシーンは必見。イルカ、ラッコ、アザラシも観察できる満足度120%のコースです。

3. アラスカ鉄道(シーズン:夏)

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」
鉄道ファンなら、アラスカ鉄道の使用をオススメします。アラスカ鉄道は南のスワードから北のフェアバンクスまで。その距離は756キロにも及びます。この鉄道の特徴は展望車や食堂車から雄大なアラスカの自然を満喫できること。日本では絶対に体験できない鉄道旅行が楽しめます。特に、アンカレジからスワードの間は抜群に景色が良く、氷河が見られます。なお、アラスカ鉄道は5月中旬から9月中旬まで運行。夏の観光シーズンは毎日運行しています。

4. 釣り(シーズン:夏)

Photo credit:Luke Jones via Flickr CC

Photo credit:Luke Jones via Flickr CC
釣り人にとってもアラスカは「聖地」のような場所。アラスカでは日本では考えられないサイズのサケを釣ることができます。サケの遡上シーズンになると、アメリカはもちろん世界各地から釣り人が集まってきます。ベテランの釣り人はもちろん、初心者の方でも十分に楽しめます。夏のアラスカでサーモンのフィッシングにチャレンジしてみませんか? なお、キングサーモンのシーズンは6月初旬から8月までとなっています。

5. アイスフィッシング(シーズン:冬)

Photo credit:Western Arctic National Parklands via Flickr CC

Photo credit:Western Arctic National Parklands via Flickr CC
先ほどは夏の時期の釣りを紹介しましたが、次は冬シーズンの釣り(アイスフィッシング)にチャレンジしてみましょう。冬の場合ですと、湖面を覆う氷に穴を通す必要があるのでガイドが必須です。場合によっては-10度以下の環境で釣りをするので、防寒具をきっちりと用意しましょう。専用の道具で穴を開け、釣り糸を垂らすとニジマスやサーモンが次々と釣れます。釣った魚はぜひフライにして食べてみましょう。きっと、あまりのおいしさに疲れも吹っ飛ぶはずです。

6. スノーシュハイキング(シーズン:冬)

Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」

Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」
アラスカでは冬の時期でもハイキングを楽しむことができます。それがスノーシュハイキングです。冬の時期になると雪がたくさん積もるので、スノーシューを履くことになります。普段見られない白銀の世界を歩くだけで、気分がウキウキすることでしょう。アラスカでスノーシュハイキングを行う場合はツアーに参加することをオススメします。人気のツアーはアンカレッジから出発する日帰りのコース。帰る頃には心地よい疲れと新たな発見で身と心がリフレッシュされるはずです。

7. オーロラ観察(シーズン:冬)

Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」

Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」
アラスカといえば「オーロラ」をイメージする方も多いでしょう。オーロラは北緯65度から70度のあたりで見られる自然現象です。アラスカはちょうどこの範囲に該当します。オーロラは宇宙で起きる現象ですので、雲が出ると見られません。快晴の夜を狙っていくのがポイントです。オーロラを観察・撮影するには必ず現地ツアーに参加しましょう。そして、相当冷えるので防寒具をきっちりと身に付けることが重要です。きっと、苦労の末に見られたオーロラに感動することでしょう。

8. 犬ぞり(シーズン:冬)

Photo credit:Haruka Ogawa「カナダ・フェアバンクスへ。アラスカで憧れの【イヌぞり】体験」

Photo credit:Haruka Ogawa「カナダ・フェアバンクスへ。アラスカで憧れの【イヌぞり】体験」
アラスカに関するテレビ番組を見ていますと、必ず登場するのが犬ぞりですね。ぜひ、アラスカで犬ぞりを体験してみませんか。1日のコースで自分で犬を操縦して犬ぞりを体験することができます。もちろん、スタッフが親切に教えてくれますので心配いりません。「もっと本格的に犬ぞりを楽しみたい」という方には4日間からのコースもあります。こちらのコースに参加すると、犬ぞりハンドラーとして本格的なトレーニングを体験することができます。

アラスカでショッピングをするには

アラスカでオススメのショッピングスポットを紹介します。

1. フレッドメイヤー(エアポート通り店)

最初に紹介するのは日用品からワインまで何でも揃う大型ショッピングセンターです。気候が特殊なアラスカですから、買いそびれたアイテムはここで補充したいですね。また、このスーパーでは釣竿などのアウトドア製品も販売されています。日本から持っていかずに、ここでアウトドア製品を揃えるのも良いかもしれません。また、お土産もたくさんあるので、ここで探すのもいいでしょう。無人と有人のレジがありますが、慣れていない場合は有人レジの使用をオススメします。

基本情報
名称:フレッドメイヤーエアポート通り店(Fred Meyer (Airport Way))
住所:3755 Airport Way, Fairbanks, AK 99709
営業時間:7:00~20:00(夏期)、7:00~23:00(冬期)
ホームページ:http://www.fredmeyer.com

2. サンタクロースハウス

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16
サンタクロースの装飾が目立つ一風変わったお店です。アラスカは北に位置しますので、サンタクロースがイメージしやすいかもしれませんね。その名の通り、店内にはサンタクロースにちなんだ商品が所狭しと並んでいます。子供へのお土産に最適ですね。他にも化粧品や洋服などのファションや食器、文房具などもあります。魅力的な商品がたくさんあるので、優柔不断な人はあらかじめサンタクロースハウスで購入するお土産を決めておいたほうがいいかもしれません。

基本情報
名称:サンタクロースハウス(Santa Claus House)
住所:101 St.Nicholas Dr.,North Pole Fairbanks,AK 99705
営業時間:10:00~18:00
ホームページ:http://www.santaclaushouse.com

3. ウォルマート スーパーセンター(Aストリート店)

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16
最後に紹介するのもスーパーになります。このスーパーではフライドチキンを食べることをオススメします。デイリーコーナーで「THIGH」というお店があり、ここのフライドチキンがとてもおいしいのです。食費を抑えたい場合に重宝しますね。もちろん、スーパーマーケットとしての役割も忘れてはいけません。日用品はありますし、お土産も豊富にラインナップ。しかも、嬉しいことに価格がとても安いのです。ここで、バラマキ用のお土産を購入するのもいいかもしれません!

基本情報
名称:ウォルマート スーパーセンターAストリート店(Walmart Supercenter (A Street))
住所:3101 A St Anchorage, AK 99503
ホームページ:http://www.walmart.com

ぜひ、泊まってみたいオススメのホテル5選

最後にアラスカにあるオススメのホテルをご紹介します。

1. ミクロテル イン & スイーツ アンカレッジ

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16
最初に紹介するのはアンカレッジ国際空港から車でわずか10分。交通至便のホテル「ミクロテル イン&スイーツ アンカレッジ」です。このホテルはアクセスがいいだけではなく、きちんと設備も整っています。全室にケーブルテレビとワークデスクが常備。さらに、ジュニアスイートには冷蔵庫や電子レンジまでが用意されています。朝は朝食サービスが付き、夕方にはクッキーのサービスがあります。なお、フロントデスクは24時間対応なので、早朝、深夜でも安心ですね。

基本情報
名称:ミクロテル イン & スイーツ アンカレッジ(Microtel Inn & Suites Anchorage)
住所:5205 Northwood Drive, アンカレッジ, AK 99517, アメリカ
電話:+1 907-245-5002
ホームページ:http://www.microtelinn.com/hotels/alaska/anchorage/microtel-inn-and-suites-anchorage-airport/hotel-overview?WID=LC:MT:20150901:Rio:Local

2. アメリカズ ベスト バリュー イン エグゼクティブ スイー ト エアポート アンカレッジ

ここはアンカレッジ市内にあるホテルでダウンタウンから10分の場所にあります。室内は広々としており、重厚な雰囲気が漂います。客室にはケーブルテレビ、WiFi、冷蔵庫、電子レンジが常備。少し小腹が空いた場合でも電子レンジがあるので便利ですね。また、夏期には鉄道駅までのシャトルバスが運行されています。また、魚用の大型の冷蔵庫まで用意されています。アンカレッジの中心にありながら、家族的な雰囲気が漂う良質のホテルです。

基本情報
名称:アメリカズ ベスト バリュー イン エグゼクティブ スイー ト エアポート アンカレッジ(Americas Best Value Inn Executive Suite Airport Anchorage)
住所:4360 Spenard Road, アンカレッジ, AK 99517, アメリカ
電話:+1 907-243-6366
ホームページ:http://www.americasbestvalueinn.com/bestv.cfm?idp=732&rcode=sim2016

3. ウエストマーク アンカレッジ ホテル

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16
次もアンカレッジのダウンタウンに位置する便利なホテルです。このホテルの特徴はまるで自分の家にいるような感覚になること。客室には専用バルコニー、薄型のテレビ、専用のバスルームが付いてきます。バルコニーからはアンカレッジ、アラスカの絶景が楽しめますよ。もうひとつのウリはレストラン。レストランではアラスカ産の新鮮な魚介類を使ったシーフード、ステーキ、サラダが堪能できます。また、ユニークなビール「マイクロビール」もお忘れなく。

基本情報
名称:ウエストマーク アンカレッジ ホテル(Westmark Anchorage Hotel)
住所:720 West 5th Avenue, アンカレッジ, AK 99501, アメリカ
電話:+1 907-276-7676
ホームページ:http://www.westmarkhotels.com/destinations/anchorage-hotel

4. ハンプトン イン&スイーツ フェアバンクス

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16
次はフェアバンクスにあるオススメのホテルです。「ハンプトン&スイーツ フェアバンクス」は高速道路からすぐ降りた場所にあるのでアクセス抜群。客室はとても広々としており、特にベットが広いのが特徴。広いベッドで横になるときっと疲れも取れることでしょう。また、ホテルの中にはプールやフィットネスクラブもあります。さらに、コンビニもありますので、小腹が空いたときにも便利です。フロントデスクは24時間対応となっていますので、いつ訪れても心配不要です。

基本情報
名称:ハンプトン イン&スイーツ フェアバンクス(Hampton Inn & Suites Fairbanks)
住所:433 Harold Bentley Ave, Fairbanks, AK 99701 アメリカ合衆国
電話:+1 907-451-1502
ホームページ:http://hamptoninn3.hilton.com/en/hotels/alaska/hampton-inn-and-suites-fairbanks-FAIAKHX/index.html

5. リージェンシー フェアバンクス ホテル

Photo credit:

Photo credit: foursquare-icon-16x16

こちらのホテルもフェアバンクスにあります。このホテルの最大の特徴は一部の客室に簡易キッチンがついていること。コンビニやスーパーで買った食材を自分で簡単に調理することができます。長期滞在や食費を抑えたい場合に役に立つホテルと言えるでしょう。特に「どうしてもオーロラを見たい」と思っている方にはオススメ。オーロラが見えるまで、ここで数泊ねばってみるのもありかもしれません。また、フェアバックスのオフィス街に位置しているホテルなので、博物館や美術館にも徒歩圏内で行けます。観光の拠点として使いたいホテルですね。

基本情報
名称:リージェンシー フェアバンクス ホテル(Regency Fairbanks Hotel)
住所:95 10th Ave,Fairbanks,USA
電話:+1 907-459-2700
ホームページ:http://www.regencyfairbankshotel.com
Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」

Photo credit:Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」

最後に

アラスカには魅力あふれるスポットがたくさんありますね。ただ、自然に関わるアクティビティが多いので、必ず入念な準備をしていくことをお忘れなく。無理をしないことが大切です。不安な場合はツアーの参加という方法もあるので、覚えておきましょう。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by:Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

アラスカ観光はこれで完璧!おすすめの観光・ホテルも紹介

Compathyでアメリカ合衆国の旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、アメリカ合衆国を訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞」

*Haruka Ogawa「カナダ・フェアバンクスへ。アラスカで憧れの【イヌぞり】体験」

*Yuichi Kudo「アラスカの雄大な自然に触れる旅」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。