ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝くじ高額当せん者 普段と違う大胆な買い方で運をつかむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のドリームジャンボでは、最大51名(17ユニット発売の場合)の億万長者が誕生する。過去の高額当せん者に、その“秘訣“を聞いてみたところ、意外な共通点が見えてきた。

 千葉県の会社員Tさん(42才)はドリームジャンボで億万長者になったうちの1人。「いつもは100枚買うところを、その時は200枚買いました」というTさん。2人目の子供が生まれたということで、子供の数に合わせて購入枚数も倍にしたのだそう。この、“いつもと違う大胆な行動”が功を奏し、見事2等1億円を射止めた。

「バラならじっくりと楽しめるけど、連番はすぐに結果がわかってしまうからつまらない」と、ジャンボ宝くじをバラで買い続けて10年以上という東京都の会社員Kさん(48才)は…。

 いつものようにドリームジャンボを購入しようとした時、今回は連番で買ってみようと思い直したそう。すると、なんと、1等・前後賞合わせて1億1000万円が的中したのだ。

 この2人のように、いつもと違う買い方を試してみるというのも、高額当せんに近づく方法かもしれない。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
前後賞ない「ドリームジャンボミニ5000万」バラ買いがお勧め
ドリームジャンボ宝くじ ラッキーナンバーは81組19万番台
5000万円当たる確率最も高い「ドリームジャンボミニ5000万」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP