ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元バックパッカーの美人女医 「救命と旅は似ています」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌で好評連載中の「美人女医 秘密のカルテ」が記念すべき400回を迎えた。そこで、これまで特に人気の高かった“キレイすぎる”女医を紹介しよう。

 長野県の総合病院で心筋梗塞、脳梗塞など、救急対応が必要な患者の治療を担当しているのは、救急救命科の中島侑子先生(33)。

──前回登場時は、3年間で52か国を回る世界一周の旅から戻り、救急医になる準備をしていましたね。

「東京の総合病院で救急を一から学びました。1分1秒の遅れが生死を左右するような患者さんを前に、力不足を痛感する日々でした。

 その1年半後、医療器材が揃っていない状態でも救命できる医師になりたいと、沖縄の病院に移りました。離島へはヘリで向かいますが、患者さんの年齢も性別も不明なこともあり、頼れる同僚も機器もない中での治療は本当にプレッシャーでした」

──今は新たな挑戦を始めたとか。

「長野に移り、救急医がいなかった病院で救急救命科の立ち上げを行なっています」

──それらの経験をまとめた書籍『医者のたまご、世界を転がる。』を5月に出版。

「救命と旅は似ています。どちらも、どんな時も取り乱さずに冷静な判断ができる度胸、トラブル時の交渉力、忍耐力、コミュニケーション能力などが必要。旅行の経験が仕事に活かされてますね」

●撮影/渡辺達生

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
海堂尊の医療シリーズ最新作は破綻寸前病院の再建に挑む物語
悪質妊婦 救急車で「痛ぁあい!」と叫び出産後未払いで逃亡
猛暑の夏 7月上旬で熱中症患者数8000人、昨年の3倍に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP