体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小瓶の中に「水中箱庭」を再現! 楽しい手づくりグラスアクアリウム

小瓶の中に「水中箱庭」を再現! 楽しい手作りグラスアクアリウム

ビンやグラスのなかで水草や熱帯魚を育てる「グラスアクアリウム」。自然の海や川の中を凝縮したような「水中箱庭」は、眺めているだけで癒やされます。最近はインテリアとしての人気も高まっていますが、ちょっと難しそうなイメージも……。

そこで、グラスアクアリウムの制作体験ができる渋谷の熱帯魚店「SENSUOUS(センシュアス)」で、つくり方やポイントを聞いてきました。

家の中で観賞できる水辺の世界を手作り

「SENSUOUS」では、定期的にグラスアクアリウムのワークショップが開催されていて、2000円から体験することができます(グラス代込み)。専門スタッフがつくり方を丁寧に教えてくれるだけでなく、材料も全て準備してくれるので楽ちんです。【画像1】さまざまな形状、大きさのなかから好きなグラスを選ぶことができる。電球型や試験管型のものなど、ユニークな形状のグラスも多数あって思わず目移り(写真撮影/末吉陽子)

【画像1】さまざまな形状、大きさのなかから好きなグラスを選ぶことができる。電球型や試験管型のものなど、ユニークな形状のグラスも多数あって思わず目移り(写真撮影/末吉陽子)

では、早速制作スタート!【画像2】初心者は口が大きいグラスのほうがつくりやすいということで、縦×横×高さ約10cmのこちらをチョイス。道具は、絵筆のような刷毛と、ピンセット、ハサミの3つ(写真撮影/末吉陽子)

【画像2】初心者は口が大きいグラスのほうがつくりやすいということで、縦×横×高さ約10cmのこちらをチョイス。道具は、絵筆のような刷毛と、ピンセット、ハサミの3つ(写真撮影/末吉陽子)

グラスを選んだら、続いて土台となる「砂」をセレクトします。5種類ある砂は、富士山の溶岩や水草の栄養が含まれたものなどタイプはさまざま。異なる色味や質感を比べ、好みのものを選びます。【画像3】土のタイプによって全体の印象も大きく変わる(写真撮影/末吉陽子)

【画像3】土のタイプによって全体の印象も大きく変わる(写真撮影/末吉陽子)

今回は、粗めでゴツゴツした印象がクールな富士山の溶岩を選んでみました。土を敷いたら水を入れて、筆でならします。【画像4】後部の土を高くすることで、全体的に立体感が出るそう(写真撮影/末吉陽子)

【画像4】後部の土を高くすることで、全体的に立体感が出るそう(写真撮影/末吉陽子)

続いて、グラスアクアリウムのアクセントであり、印象を大きく左右する石や枝をピンセットで配置していきます。【画像5】全部で6種類の石や枝から、好きなものをチョイス(写真撮影/末吉陽子) 【画像5】全部で6種類の石や枝から、好きなものをチョイス(写真撮影/末吉陽子)【画像6】全体のバランスを考えながら、一つひとつピンセットで配置していく(写真撮影/末吉陽子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。