体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん!

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん! 大阪

ディープな新世界のシンボル・通天閣やユニバーサルスタジオジャパン、海遊館をはじめ見どころ満載。特に日本有数の高層ビル・あべのハルカスは最新の観光スポット。

また、天下統一を果たした豊臣秀吉が築城した大阪城擁する大阪城公園は木々の緑も豊富で、バードウォッチングを楽しむこともできる。道頓堀やアメリカ村などでは、たこ焼きや串カツをはじめ様々な大阪グルメも楽しむことができ、「くいだおれ」を実感できるはず。

パワフルな地元の人とのコミュニケーションも醍醐味になる大阪を、思いっきり笑って楽しんで。

【心斎橋・なんば・四ツ橋 エリア】

なんばグランド花月

なんばグランド花月ほぼ毎日漫才や落語が楽しめる

吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。

ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。

そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/

テレビで見ている吉本新喜劇を実際に目の前の舞台で見ることができます。大好きな芸人さんに会えるうえ、やっぱり生で見るのは迫力があり良かったです。お土産売場にも吉本芸人さんの土産物がたくさんありました。 なんばグランド花月

住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

営業時間/公演により異なる

定休日/年中無休

料金/前売・当日共4,500円(1F)・4,000円(2F) ※ゴールデンウィーク・盆・正月等の特別公演は別料金

「なんばグランド花月」の詳細はこちら

新世界

新世界大きなフグ提灯の看板で有名な大阪市南部の下町

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町。新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。

現在、ルナパークも映画館も閉館したが、通天閣の展望台には遠方からの観光客で賑わっているほか、真下にある地下の通天閣劇場では毎週月曜日、各地方で活躍する歌姫たちが演歌を熱唱し、通天閣劇場TENGEKIでは毎週土日に漫才や上方落語などで観客を楽しませている。また、土・日曜日には松竹の芸人により落語や漫才が行われている。

南北130mの間に串カツ屋、どて焼き屋、囲碁将棋クラブなど約50軒の店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」も元気そのもの。土日・休日になると、ツアー客が大勢で訪ねて、ビリケンさんやフグ提灯の看板などをバックに記念写真撮影を楽しむ。

\口コミ ピックアップ/

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。