ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん!

大阪

ディープな新世界のシンボル・通天閣やユニバーサルスタジオジャパン、海遊館をはじめ見どころ満載。特に日本有数の高層ビル・あべのハルカスは最新の観光スポット。

また、天下統一を果たした豊臣秀吉が築城した大阪城擁する大阪城公園は木々の緑も豊富で、バードウォッチングを楽しむこともできる。道頓堀やアメリカ村などでは、たこ焼きや串カツをはじめ様々な大阪グルメも楽しむことができ、「くいだおれ」を実感できるはず。

パワフルな地元の人とのコミュニケーションも醍醐味になる大阪を、思いっきり笑って楽しんで。

【心斎橋・なんば・四ツ橋 エリア】

なんばグランド花月

なんばグランド花月ほぼ毎日漫才や落語が楽しめる

吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。

ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。

そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/

テレビで見ている吉本新喜劇を実際に目の前の舞台で見ることができます。大好きな芸人さんに会えるうえ、やっぱり生で見るのは迫力があり良かったです。お土産売場にも吉本芸人さんの土産物がたくさんありました。 なんばグランド花月

住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

営業時間/公演により異なる

定休日/年中無休

料金/前売・当日共4,500円(1F)・4,000円(2F) ※ゴールデンウィーク・盆・正月等の特別公演は別料金

「なんばグランド花月」の詳細はこちら

新世界

新世界大きなフグ提灯の看板で有名な大阪市南部の下町

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町。新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。

現在、ルナパークも映画館も閉館したが、通天閣の展望台には遠方からの観光客で賑わっているほか、真下にある地下の通天閣劇場では毎週月曜日、各地方で活躍する歌姫たちが演歌を熱唱し、通天閣劇場TENGEKIでは毎週土日に漫才や上方落語などで観客を楽しませている。また、土・日曜日には松竹の芸人により落語や漫才が行われている。

南北130mの間に串カツ屋、どて焼き屋、囲碁将棋クラブなど約50軒の店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」も元気そのもの。土日・休日になると、ツアー客が大勢で訪ねて、ビリケンさんやフグ提灯の看板などをバックに記念写真撮影を楽しむ。

\口コミ ピックアップ/

串カツにスマートボール、コテコテの下町、新世界。かつてはちょっと危なげなイメージだったけど、今は観光客や若者で賑わっています。

ビリケンさんにも会えますよ♪ 新世界

住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈

営業時間・定休日/店舗により異なる

駐車場/周辺に有り

バリアフリー設備:その他(盲導犬導入)

「新世界」の詳細はこちら

道頓堀

道頓堀カニ道楽やグリコの看板などが有名な大阪・ミナミの代表的な繁華街

松竹座にカニ道楽、そしてグリコの看板などによって象徴される道頓堀は、大阪・ミナミの代表的な繁華街。道頓堀の名は、慶長17年(1612)に私財をなげうって川を開削した安井道頓(やすい・どうとん)の名前に由来。その後、幕府の都市計画によって道頓堀の南側に大坂中の芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて長らく日本の芝居の本場として栄えた。芝居に大勢の人が集まってくると、食べ物屋も自然に繁盛した。

現在、芝居小屋は戎橋近くの松竹座だけが残っているが、飲食店は道頓堀通りの北側にさまざまなジャンルの店が軒を連ね、一年中賑わいを見せている。また近年では、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークなども開業/開通し、道頓堀の新たなスポットとして人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/

とりあえず大阪の観光案内するならここかなと。

ショッピングに外食に充実したエリアだと思います。

遠方から来られた方はできればこの辺のお店に詳しい知人に案内してもらう方が美味しいお店にたどり着けると思います。 道頓堀

住所/大阪府大阪市中央区道頓堀

営業時間・定休日/店舗により異なる

「道頓堀」の詳細はこちら

通天閣

通天閣 新世界のシンボルとして建てられた展望塔

なにわのシンボルの展望塔「通天閣」。明治45年(1912)、新世界のシンボルとして、凱旋門をモチーフとするビルディングの上にエッフェル塔風の鉄塔が建てられた。高さ64mという当時東洋一の高さを誇ったこの鉄塔は、「天に通じる高い建物」との意味で、明治初期の儒学者・藤沢南岳により「通天閣」と命名された。その後、火災に遭って解体されたが、昭和31年(1956)市民の要請を受けて再建され、現在に至る。2代目の通天閣は103m、初代より39m高い。

5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像などがあり、年間70万人が訪れている。通天閣の頂上の丸いネオンは、色の組み合わせで明日の天気を知らせる「光」の天気予報装置でもある(白=晴れ、橙=曇り、青=雨)。また、地階の歌謡劇場では土・日には、各地方で活躍する演歌歌手のステージも。

\口コミ ピックアップ/

大阪の通天閣。東京の東京タワーと同じく大阪に来たというイメージが沸きやすいシンボルマークですよね。通天閣近辺には名の通った串揚げがいくつもあり、観光後に立ち寄るのも良いでしょう。ビリケンの足の裏をかくのが、ご利益があるそうです。 通天閣

住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6

TEL/06-6641-9555

アクセス/地下鉄堺筋線「恵美須町駅」より徒歩3分、「動物園前駅」より徒歩10分

営業時間/9:00~21:00 ※最終入場は20:30まで

休業/無休

料金/大人600円、大学生500円、中高生400円、小人300円*ロビーまでは無料

駐車場/(周辺に有り)

バリアフリー設備:盲導犬導入 車イスエレベータ

「通天閣」の詳細はこちら

黒門市場

黒門市場 食いだおれ大阪を代表する、通称「大阪の台所」と呼ばれる大市場

料理人や主婦で賑わう「ミナミの台所」的市場

\口コミ ピックアップ/

大阪の有名な商店街、市場と言えば こちらの黒門市場。

古くより大阪の台所として地元の方にも愛されてきた古き良き風情を感じることができるエリアです。 黒門市場

住所/大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1

アクセス/地下鉄堺筋線・千日前線日本橋駅10番出口より徒歩すぐ

営業時間/9時~18時(店舗により異なる)

休業/不定

料金/店舗により異なる

駐車場/周辺有料Pあり

「黒門市場」の詳細はこちら

アメリカ村

アメリカ村流行やファッションの発信地。関西の若者文化をリードしてきたアメリカ村

大阪・ミナミで最も活気があふれ、関西の若者文化をリードしてきた「アメリカ村」。地下鉄心斎橋駅の西側、長堀通りから道頓堀までの範囲に広がる一帯を指す。その中心となるのは三角公園。ここでは、芸人やミュージシャンを志す若者たちのパフォーマンスや、フリーマーケットなどが行われており、週末には20万の若者が周辺を闊歩する。付近は江戸時代、大阪湾から道頓堀を遡って炭が集められたことから「炭屋町」と呼ばれていた。

1970年代になって倉庫を改装した店舗で古着やジーンズが売られ始め、アメリカ西海岸で仕入れた中古レコードや雑貨なども販売され話題になった。「アメリカ村」という名前は百貨店で開かれた「アメリカ村夏の陣」というイベントから命名されたもの。この名にふさわしく、この街に行けば、いつでもアメリカ西海岸の文化に接することができると言われていた。現在も、ファッションだけでなく、音楽なども楽しめる場所として健在だ。

\口コミ ピックアップ/

難波の中心から北西に4-5分歩いたところに、アメリカ村はあります。中央に三角公園があり、買い物を途中で休んでいる人やたこ焼きを買って食べる人がたくさんいます。若者向けの洋服店や雑貨店が多く、こじゃれたものも購入できます。 アメリカ村

住所/大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目~2丁目付近

営業時間・定休日/店舗により異なる

「アメリカ村」の詳細はこちら

法善寺横丁

法善寺横丁 静かな時間が流れる

ミナミの繁華街にありながら、静かななにわ情緒を漂わせている法善寺横丁。東西両端にある門にそれぞれ掲げられた「法善寺横丁」の文字は、西は藤山寛美、東は3代目桂春団治によるもの。

長さ80m、幅3mの2本の路地が東西に伸びる横丁内には、老舗の割烹やバー、お好み焼き、串カツ店などがずらり、風情ある石畳に行き交う足音がコツコツと鳴り響く。もともとこの地は浄土宗天龍山法善寺の境内で、参拝客相手の露店がいつしか横丁に発展したもの。太平洋戦争の空襲で寺も横丁も焼失したが、戦後、盛り場として復活。織田作之助の小説「夫婦善哉」の舞台として知られ、歌謡曲「月の法善寺横丁」にも歌われた。

戦火をくぐり抜けた不動尊は、願いを込める人たちがかけた水で、全身に緑の苔がびっしり。旧中座の2回にわたる火災を乗り越え、復活を遂げた法善寺横丁は、かつての風情を残しつつ、浪速の人情も守りつつ、今も活気溢れる街だ。

\口コミ ピックアップ/

法善寺横丁を行くとお線香の香りが漂ってきます、いつもお参りの人が絶えません。

水掛不動さんに水を掛けて、願い事をするのです。

あたりは清々しい雰囲気、苔をまとったお姿に心が清められる思いがします。都会の中のオアシス、私の大好きな場所です。 法善寺横丁

住所/大阪府大阪市中央区難波1丁目付近

営業時間・定休日/店舗により異なる

「法善寺横丁」の詳細はこちら

かに道楽本店

かに道楽本店昭和37年創業。大きな動くカニの看板でお馴染みのカニ料理専門店

\口コミ ピックアップ/

道頓堀といえばかに道楽が目に浮かんできますが、やっぱりカニは美味しいです。

一年を通して美味しいカニが食べられるのでオススメです。 かに道楽本店

住所/大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-18

アクセス/各線難波駅より道頓堀川方面へ徒歩5分

営業時間/11時~23時(LO22時)

定休日/年中無休

料金/各種カニコース料理4515円~

駐車場/周辺有料Pあり

「かに道楽本店」の詳細はこちら

千日前道具屋筋商店街

千日前道具屋筋商店街 料理道具・厨房道具の全てが揃う商店街。ロウで作った食品サンプル等も揃う

吉本会館の南手から、南に抜けたなんさん通りまでの150m間に続くアーケード街。ここにはプロ用の調理器具や厨房設備、業務用の椅子やテーブル、看板などを扱う専門店が約50店舗ほど立ち並ぶ。大阪ならではのたこ焼やお好み焼きの道具類のほか、ロウで作った食品サンプルなどが揃うのもユニークだ。

\口コミ ピックアップ/

なんばグランド花月すぐ近くにある、細い商店街です。

職人さん達が使うような調理道具や、たこ焼き器、わたあめの機械など、

更には見たこともないような珍しい調理道具なんかがあったりして、歩きながら眺めているだけでもとても楽しいです。 千日前道具屋筋商店街

住所/大阪府大阪市中央区難波千日前14

アクセス/南海電鉄南海本線難波駅南口より徒歩3分

営業時間/9時~19時(店舗により異なる)

休業・料金/店舗により異なる

駐車場/周辺有料Pあり

「千日前道具屋筋商店街」の詳細はこちら

なんばウォーク

なんばウォーク多くの店が立ち並ぶ

ファッションやグルメ、雑貨、カフェなど約270店舗が集まる、大阪・ミナミを代表する地下街のひとつ。リニューアルする平成6年までは、「虹のまち」として親しまれてきた歴史をもつ。北通りとミナミ通りとからなる全体は1~3番街まで3つのゾーンに分かれている。

また多目的なイベントや緊急時のオープンスペースの確保のために、シンボル・モニュメントのある五つの広場が設置され、美術作品をはじめ、音楽、ミニウォーターフロントなどを楽しむことができる。地下鉄各線の駅および関西国際空港や国内各地へのバスターミナル「OCAT(大阪シティエアターミナル)ビル」ともつながるアクセスの良さが売りだ。

\口コミ ピックアップ/

JR難波から四ツ橋線、御堂筋線、近鉄なんばをこえて、日本橋まで続くながい地下街です。飲食店や、総菜屋さん、パン屋さんもあり電車に乗る前に買い物もでき便利ですし、雨にも濡れないので便利です。 なんばウォーク

住所/大阪府大阪市中央区千日前2-1-15

アクセス/地下鉄御堂筋線・千日前線・四つ橋線・近鉄「なんば駅」すぐ

定休日/不定休

「なんばウォーク」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

500円以下で気軽に♪東北道下り線のサービスエリア必食グルメ11
備長炭食パン、栗ソフト、番茶あんぱん…道の駅で買うべきグルメ【関西】
そうだ! 兵庫に行こう!旅を盛り上げるエリア別観光地10選 じゃらん編集部発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。