体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地下アイドル通信setlist6】 記者もぶっつけ本番!『P.IDL』2周年ライブ取材レポート

01IMG_9538_R

記者が勝手に始めた【地下アイドル通信】はsetlist6を迎えた。
毎度のことであるが、誤解を招くといけないので書いておくと、「地下アイドル」というというタイトルは地下アイドルのみを対象にしたものではなく、地下であろうが、メジャーであろうが積極的に取材オファーを出してくれる、”頑張るアイドル”は都合のつく限り取材するという記者が始めた不定期連載である。
テレビをほとんど見ない芸能人をほとんど知らないばかりか、ヲタでも芸能記者でもないので、その視点は「ただの取材記者」であることはあらかじめお断りしておく。

さて、今回オファーが来たのは、『P.IDL』という東京と名古屋を中心に活動するアイドルグループ。
それも2周年ワンマンライブをやるというのだが、直前のオファーだったのでよくわからないまま取材に臨まなければならなかった。

02IMG_9597_R

時間もあまりない状態だったので、まずは恒例のインタビューから。
収録時間の都合上、3名のみとなった。2名は運営側から推薦してもらい、1名は記者選抜とした。とはいえ、会ったことも話したこともないメンバーから1名を選抜するというのはなかなか大変だ。
誰が運営推薦で、記者選抜なのかは、想像にお任せする。

03IMG_9602_R

まずは、古髙彩乃さん。
高校を卒業したばかりで、こう言っては何だがお顔に似合わず男勝りなかっこいい彼女。

「わたし、者知らずなんですよ~。男っぽい?そうなんですよ。ブリできないので、このキャラで行きます!でもかわいい方がアイドルらしくて人気あるじゃないですか。そこなんですよね。指パッチンできます!」

と、理想のアイドル像と自分のギャップに戸惑い気味。指パッチンは確かにできたが、記者もできる。(笑)

04IMG_9607_R

お次は、池田梨乃さん。
もう、会った段階で何もしゃべってもないのに、ニコニコしている様子は笑顔の女王といったところか。

「最年少でーす。もう、笑ってるというか笑顔でいるのが好きなんですよ。完コピダンス得意ですよ。AKBさんでも何でもできますよ。え、上からマリコ?すいません、できません。あーん。自撮りですか?こっちですこっち!」

と、撮影の際に向きを即座に指定してくるのはさすがだ。しかし、「上からマリコ」をリクエストする記者も記者だが、知らないので仕方がない。

05IMG_9613_R

最後は、河合梨加さん。
見るからにお嬢様という感じだが。

「トランペットですか?得意ですよ。動画でですか?わかりましたやります!中国語はできますよ。母が中国なので」

途端に、隣から池田さんが「彼女は中国語をしゃべってる時がかわいいんですよ!」と推奨してくれたので、動画でやってもらうことにする。

では、記者恒例の1テイク限り、撮り直しなし、編集なし、台本なしの一発勝負の収録動画を4Kでご覧いただこう。

■P.IDL 自己紹介 24MAY2016
https://youtu.be/Y6nZ75E6THM

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。