ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今年の夏は「バルカン半島」へ!クロアチアの青の洞窟のがイタリアより断然良いってよ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今年の夏は「バルカン半島」へ!クロアチアの青の洞窟のがイタリアより断然良いってよ

皆さんは今年の夏の旅行先、もう決めましたか?

ハワイやサイパンでビーチリゾート?近場のアジアでグルメツアー?パリやロンドンでおしゃれヨーロッパ旅?

まだ決めていない方、ちょっと僕のオススメの場所聞いてくださいませんか?

 

僕のオススメは断然「バルカン半島」なんです!

 

バルカン半島とは、ヨーロッパの南東部に位置したギリシャやクロアチアなどが含まれた半島のこと。

今回は実際に夏のバルカン半島を旅した旅丸のshoが、特に皆さんにオススメしたい場所を紹介させていただきます!

 

不思議な奇岩群の上に立つ修道院「メテオラ」

bal21

ギリシャの北西部に位置するメテオラにはたくさんの奇岩群があります。

この地形は6千万年前に海底で堆積した砂岩が隆起し、浸食されたことにより不思議な地形になりました。

bal19

その不思議な奇岩群の上にはいくつもの修道院が建てられており、現在もその修道院には修道僧が暮らしているんです。

もともとはこの奇岩群には修道院はなく、俗世との交流を断ち切った修道士たちがこの岩の裂け目や穴で生活をしていたのですが、その修道士の数が増えたため、修道院が建てられました。

bal20

メテオラとはギリシャ語で「宙に浮かぶ」を意味する「メテオロス」という言葉が由来となっています。

その景色はまさに「宙に浮かぶ修道院」!

 

美しい中世の街並みが今の残る港湾都市「コトル」

bal14

コトルはモンテネグロにあり、アドリア海に面している港湾都市です。

近年コトルは美しい湾と旧市街の美しい風景で話題になり、多くの観光客が訪れる場所になりました。

bal26

丘の上から眺めると、オレンジの屋根が並ぶ街並みの奥に美しい湾が望むことができ、自然と街の融合した素晴らしい景色を楽しめます。

bal15

中世の古い街並みは世界遺産にも登録されており、教会や時計台などが見どころとなっています。

昔の建物をそのまま使ったレストランや土産物屋などもありますので、街歩きをしているだけでも楽しめる場所ですよー!

 

穏やかな湖畔と数多くの教会が融合した街「オフリド」

bal18

オフリドはマケドニアの西部にある都市で、オフリド湖と呼ばれる湖に沿うように建てらてた街です。

観光地というよりは住宅地という印象で、とても静かで穏やかな雰囲気です。

bal16

オフリドにはかつて365もの教会が建っており、マケドニアのエルサレムとも呼ばれていたのだとか。

現在も数多くの教会が残っており、オフリド観光のメインとなっています。

bal17

青く透き通る湖が非常に美しく、近づけば魚も見ることができます。

オフリド湖の横に立つレストランでオフリド湖を眺め、オフリド名物のマス料理を食べるのがおすすめです。

 

悲劇の橋は平和を願う橋になった「モスタル」

bal10

ボスニア・ヘルツェゴビナにある小さな都市モスタル。

ヨーロッパの中にある都市ですが、モスクなども見かける事があり、どこかオリエンタルな雰囲気が感じるモスタルは世界遺産にも登録されています。

bal11

モスタルで一番有名な場所は、このスターリ・モストと呼ばれる石でできた橋です。

実はこのモスタル、1991年に勃発したユーゴスラビア内戦時で多くの命が失われた場所でもあります。民族が入り混じるモスタルでは激しい争いが発生し、このスターリ・モストも爆破されてしまいました。

この橋は終戦後、モスタルで暮らすカトリック教徒とイスラム教徒は和解して2004年に再建されました。

bal12

現在ではとても雰囲気がよく、かつてここが激しい戦地だったことなど忘れてしまいそうですが、モスタルを訪れる際は是非、ユーゴスラビア戦争の事を少し勉強しておくのが良いでしょう。

そうすればより深く、この平和で明るい街モスタルの事を好きになれるように思います。

 

アドリア海の真珠と呼ばれる美しい街「ドゥブロブニク」

bal1

バルカン半島を訪れるなら必ず訪れていただきたいのが、クロアチアで最も有名な観光都市ドゥブロブニクです。

真っ青なアドリア海に浮かぶ城壁で囲まれた旧市街は本当に美しく、「アドリア海の真珠」と呼ばれるのにも納得。

bal2

旧市街を囲んでいる城壁には実際登る事ができ、旧市街を上から眺めながら歩く事ができます。

どこまでも広がるオレンジの屋根瓦と、真っ青なアドリア海を見ながらのお散歩なんてとっても贅沢ですよね。

bal3

旧市街の街並みも美しく、メインストリートを少し離れた石畳の上を歩けば、そこはまさに中世の世界。

景色も雰囲気も最高。おまけにアドリア海でとれた新鮮な魚介類を使った料理も非常に美味!

朝から夜まで楽しめる素敵な街、ドゥブロブニクへ足を伸ばしてみてくださいね。

 

クロアチアにある青の洞窟を知ってますか?「ヴィス島」

bal4

青の洞窟といえば、イタリアのカプリ島が有名ですよね?でも、クロアチアにも青の洞窟があるのをご存知ですか?

僕は世界にある青の洞窟を4箇所訪れましたが、クロアチアの青の洞窟が一番美しかったと思っています。

bal5

拠点となるのはヴィス島と呼ばれる島で、ヴィス島へはスプリットという港街からフェリーが出ています。

僕がクロアチアの青の洞窟をお勧めする理由は、なんといっても入れる確率がカプリ島の青の洞窟よりも高いというところ。

 

年間を通しても50%ほどは可能であり、夏場であれば90%は入れるとも言われています。是非、一生に一度はこの美しい青の洞窟を見てくださいね!

 

幻想的な青と美しい滝を見よう「プリトヴェツェ国立公園」

bal8

クロアチアの首都ザクレブから2時間程で行ける場所にあるのが、プリトヴェツェ国立公園です。

世界遺産にも登録されているこの国立公園の見どころは、なんといっても美しい水と緑の景色。

bal7

大小様々な滝が公園内のあちらこちらにあり、その美しさはまるで桃源郷。

石灰質を含む水はとても澄んでおり、その色は自然だからこそ表現できる色ともいえるでしょう。

bal9

秋は紅葉、冬は雪景色も美しいプリトヴェツェ国立公園ですが、やはり一番のベストシーズンはこの緑と青の景色が見れる夏です。

自然が生み出す素晴らしい色のマジックを是非体験してくださいね!

 

夏の旅行先は魅力たっぷりのバルカン半島で決まり!

bal6

all photos by sho

バルカン半島は区分としてはヨーロッパに位置するのですが、東欧、西欧、北欧とはまた違った雰囲気があり、それがとても魅力的なんです。

それぞれの国と地域は国内・国際バスで結ばれており、旅も非常にしやすい地域になっています。

 

冬はとても寒く、観光しにくくもなってしまうので、僕のお勧めは初夏から秋頃まで。

是非、夏の旅行は少し趣向を変えてバルカン半島での旅を体験してみてくださいね!

 

↓↓世界中の情報が満載の世界一周ブログ「旅丸」はこちらから↓↓

shoblog

関連記事リンク(外部サイト)

LCCでお得に旅をしながら機内でwifiを利用できる航空会社4選
パラオの世界遺産ロックアイランドでクラゲと漂う魅惑のシュノーケリング
富山県の風物詩「雪の大谷ウォーク」が6月22日まで開催!他県内の観光スポット7選も紹介
同じ海でも魅せる美しさは違う。この目で見たい世界の◯◯ブルー10選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。