体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワクワクモノづくりで世界が元気に!「zenschool」が目指す、やりたいことを事業にするための授業

夢を叶えるために入ったはずの会社で、やる気ばかりがそぎ落とされていく。日々の業務に追われるあまり、自分が本当は何がやりたいのか分からなくなってしまった。そんなモヤモヤ感を拭えずにいる社会人を中心に「答えを与えない授業」がじわじわと人気を集めている。

町工場の経営者や大規模企業の技術者らが心からやりたいことを事業にするための学校、zenschoolを開催するのは、マイクロモノづくりの提唱者である株式会社enmonoの三木康司さんと宇都宮茂さん。

f:id:w_yuko:20160525133141j:plain

▲宇都宮茂さん(向かって左)、三木康司さん(同右)

マイクロモノづくりとは、これまでの大量生産、大量消費とは対極し、少量ニーズに合わせ、高付加価値、高利潤のモノづくりを行い、自ら販路をつくり販売していく考え方だ。人々を驚かせるようなまったく新しい製品は、開発者自身の心の中に眠っており、「ワクワク・トレジャーハンティング」こそ、イノベーションをおこすという。

f:id:w_yuko:20160526090924p:plain

▲さまざまな表現で作品を制作することができる金属バネブロック「SpLink」

同校で考え出したプロジェクトをクラウドファンディングに掲載した企業はすべて資金調達に成功。その後、実際にB2C製品/サービスになっている。マインドフルネスを取り入れて内観を重視し、本来あるべき「イノベーティブなモノづくり」を支援し続けるふたりに話を聞いた。

大企業のビジネスパーソンほど“下請け化”している現状

三木:自著である「マイクロモノづくりはじめよう」(テン・ブックス)を出版した2013年は、100パーセント自社開発で新しいモノを生み出す考え方として、マイクロモノづくりは主に中小企業を中心に広がったのですが、現在は大企業の方も多く興味を示してくださるようになりました。自社だけではイノベーションを起こすことができない閉塞感が漂うなか、小さなチームを結成することで新しいモノを生み出せるのではないか。そんな期待を込めてzenschoolに参加してくださっています。

f:id:w_yuko:20160520195435j:plain

宇都宮:会社から一歩外へ出て、多種多様な人と共に創り上げていくオープンイノベーションという言葉が流行っている影響もあるように感じます。

三木:とはいえ、今までキチキチの箱のなかで「社用」に教育されてきた人が突然「好きなことをやっていいぞ」と言われても、戸惑ってしまいますよね。情報漏えいを懸念し、私用のスマートフォンの持ち込みすら禁止される時代。コンプライアンス上の理由で、システム化されたこと以外は一切やってはいけないとトレーニングされてしまっています。言い方を変えれば、大企業にいる方ほど外の世界から遮断され、気づかぬうちにそれが最適化されてしまっている傾向が強い

宇都宮:逆の見方をすれば遮断されて守られているとも言えます。動物園で飼われている動物が野生に戻れなくなってしまうように、そうした環境下にいると「自由にやっていい」と言われても、すぐには信用できない。だから、「マーケティングやクチコミを一切考えず、自分が本当にやりたいことだけを考えてください」と言っても、初めの頃はプルプルしてしまいます。

f:id:w_yuko:20160520195434j:plain
1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy