ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる目安つき】今の職場で評価を上げたい人のための、おすすめ資格の習得期間・費用相場ガイド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:keimanahensyu:20160518221657j:plain

「今の職場で評価を上げたい」、「リストラや減給で食いっぱぐれないようにしたい」。そんなあなたにオススメなのが、仕事の専門性を深めて勤務先で必要とされる資格やスキルを身につけること。

というわけで今回は、そんなあなたにピッタリの資格をご紹介。学習期間や費用の相場だけでなく、いくら稼げるかや、今後の活躍の場も確かめてみて。(講座の費用、習得期間、稼げる金額はあくまでも目安であり、編集部が独自に算出しています。団体、講座ごと、また個人差があります。)

日商簿記検定試験

安定したニーズのある経理職に。長く働きたいならおすすめ

経理業務の知識をはかる検定。1 〜4級まであり、まず3級・2級から挑戦を。取得することで、経理職だけじゃなく営業職にも役立つ。

学習期間

3 ヵ月~

試験時期は6月、11月、2月に実施。

講座の費用

月2000円~

受講費用トータルで5万円~ 15万円。

いくら稼げる?

1000円~

簿記2級を取得して会計事務所で働いた場合の時給。

活躍できる場は?

経理関係はもちろん、会社の経営を俯瞰的に見れるようになるので、企画やコンサルティング営業など幅広い職種に役立つ。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験

事務処理能力アップ。派遣でも高い評価

事務職で必要なPCスキルがあることを証明できる。Word、Excel®、PowerPoint®などのソフトの習熟度を証明する資格。

学習期間

3ヵ月~

試験は毎月1~2回実施。

講座の費用

月3000円~

受講費用トータルで3万円~。受験料は1科目1万584円。

いくら稼げる?

企業によって異なるが、資格手当があるところも。

活躍できる場は?

履歴書に記入してアピールできるので、再就職を目指す人にはおすすめ。あらゆる職種で重宝。

TOEIC®テスト*1

グローバル社会に欠かせない、語学の実力を測るテスト

英語のコミュニケーション能力を10点〜990点までのスコアで評価。世界約150ヵ国で実施。昇進や海外勤務の条件になっている会社も。

学習期間

3ヵ月~

目指すスコアによるがスコアアップで3ヵ月~

講座の費用

月5000円~

受講費用トータルで5万円~ 10万円。受験料は5725円。

いくら稼げる?

企業によって異なる一定の点数で昇給したり手当が出たりする場合も。

活躍できる場は?

昇進や異動の条件にスコアを利用する企業は多い。

AFP 資格(ファイナンシャル・プランナー)

金融業界はもちろん、企業の人事部門などでも活躍

顧客の生涯設計や保障設計などトータル的な資産計画を行い、ライフプランのアドバイスをするための金融知識などを認定。

学習期間

2 ヵ月~

試験は年3回、1月、5月、9月に実施。

講座の費用

月5000円~

受講費用トータルで3万円~ 7万円。

いくら稼げる?

約1万円~

ライフプランの1時間の相談料。

活躍できる場は?

金融業界での仕事で役立つほか、企業の人事部門、労務管理事務所、人材派遣会社でも活躍できる。最終的には、独立・開業も目指せる。

いかがでしたか?興味のある資格は見つかりましたか?

ご紹介したように、今の勤務先で評価を上げたいなら、語学、パソコンなど即戦力のある資格が◎。そして働きながらでも自分のペースで学習できる通信講座は、仕事の忙しいあなたにもバッチリ。

更に、「もっと通信講座について知りたい」「通信講座で学べる講座は他にどんなものがあるの?」という方は、現在発売中の『通信講座大事典2016』をチェック!

www.fujisan.co.jp

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/百田なつき

※この記事は2016年4月時点での情報を基に作成しています。

*1:TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.

関連記事リンク(外部サイト)

通信講座だからできる!気軽に学べて資格が目指せるポイントはココ!
【稼げる資格のプロがおすすめ!】相続税UPでますますニーズ拡大「相続診断士」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】人々の体力づくりのサポートを通し、健康を指導「体力指導士」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。