ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

えっ!私●●だったの!今さら聞けない自宅で出来る「血液検査キット」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんは健康診断をちゃんとうけていますか。会社員の方なら定期的に受けている事かと思いますが、個人経営やフリーランスの場合「お金がかかる」「病院には行きたくな~い!!」と言って受けていない方も多いようです。

 

そんな人達に朗報です。自分の好きな時間に、誰でも簡単にできる「血液検査キット」なるものが販売されています。

 

少しずつ認知されているのですが、御存知でしたか?
そこで今回は、「血液検査キット」について、都内のドラッグストアで働く登録販売員さんにいろいろ聞いてみました。

 

どんな病気について検査できますか?

現在は主に、「生活習慣病」と「癌」、「感染症」の発見をするための検査内容が重視されています。「DEMECAL血液検査キット」は、厚生労働省からも承認を受けているもので、検査密度も、一般病院と同じぐらいと言われています。

 

http://demecal-kensakit.kenkousenka.jp/

 

検査方法は?

作業は2つ。ひとつは、キットとともに届く問診票に現在の状態を記入します。そしてもうひとつは、採血です。

採血と聞くと「自分では注射器なんて使えない」と言われる方もいらっしゃるのですが、心配はいりません。採血と言っても、指先に親指ほどの大きさの器具を押し当てるだけ。器具の中に入っている針が指に刺さり血が出るようになっているのです。その指から出た血を、スポイトの様な器具で吸い取り終了。血も少量で済みますし、誰にでも簡単にできます。

 

その後は、説明書通りに作業を行うのですが、溶液の中に入った血液をろ過するなど、まさに理科の実験の様。ちょっと楽しんで行えるのもこのキットの魅力だと思います。あとは送るだけ。いつでも、誰にでもできる手軽さは、想像以上だと思います。

 

検査結果はどうやって知るの?

結果は10日ほどで出ます。郵送は勿論、パソコンでも確認が可能。また、メールが届くサービスもあります。検査結果は誰にでもすぐにわかるようにまず、異常があるのかないのかをはっきりと文章で示してくれています。

 

また、検査の項目ごとの数値が出るため、病院にそのまま持っていくこともできるようにもなっているんです。

 

お値段はいくら?

一万円前後で受けられます。項目にもよりますが、病院で検査をする時よりも少し高いと感じるかもしれません。確定申告にも今の段階では適用されていません。しかし、病院へ行く手間をとらない便利さがお客様には受けている点だと思います。

 

検査内容が、病院で受ける従来のものとそれほど変わらないというのには驚き

忙しい現代人にはもってこいの医療器具。現在はアルツハイマーの検査項目についても、研究が進んでいるそうです。病院と言えばかまえてしまうかも…と思っている方には、自分の体を知る良いチャンスかもしれませんね。


Veggy(ベジィ) 2013-07-12 発売号
Fujisan.co.jpより

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。