ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画史上初のドキュメンタリー『映画 日本刀~刀剣の世界~』新プロモ映像2種公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
映画史上初のドキュメンタリー『映画 日本刀~刀剣の世界~』新プロモ映像2種公開

 2016年5月21日より東京・日本橋での公開を迎えた『映画 日本刀~刀剣の世界~』のプロモーション映像として、2種のプロモーション映像が公開された。

 『映画 日本刀~刀剣の世界~』はクラウドファンディングで支援を募り、東京に続き各地で続々と上映劇場が決定している。TOHOシネマズ日本橋では、公開日の初回から刀剣ファンが劇場に押し掛け賑わいを見せた。映像、音、大スクリーンにより、国宝級の名刀の数々や刀工・刀剣研磨の匠の技を、あたかも間近で見学しているような感覚になる作品で、鑑賞後の満足度も非常に高く、出口アンケートではほぼ100%の人が「大変満足・満足」と回答したという。さらに本作に登場する至高の名刀10振と、刀工の月山貞利、刀剣研磨の本阿彌光洲らのインタビューを収めたパンフレットの購買率は驚異の41.6%。作品への満足度の高さがうかがえる結果となった。

 そして今回解禁となった映像は、こちらもクラウドファンディングによって完成にこぎ着けた2種類のプロモーション映像。本編に登場する刀剣に焦点を当てた『刀剣篇』(https://youtu.be/vsBCgK5QyWg)には、村正、明石国行、姫鶴一文字、三日月宗近、へし切長谷部、一期一振といった名刀が画面いっぱいに登場。そして実際に日本刀の制作を行う刀匠に焦点を当てた『刀匠篇』(https://youtu.be/VWimBvxfosg)では、刀工・月山貞利による鍛錬・焼入れ・彫刻(銘を刻む)、そして人間国宝・本阿彌光洲による、様々な砥石や技法を駆使した刀剣研磨などを見ることができる。

 『映画 日本刀~刀剣の世界~』は、大スクリーンで堪能する日本刀25振、その名の由来や武将たちとの巡り合わせの記録、そして現代に伝わる刀の製作過程が見どころとなっているが、まだ映画を観ていない人はこの2種類の映像で映画の世界観を知ることができるだろう。

(C)2016「映画 日本刀 ~刀剣の世界~」製作委員会

◎『映画 日本刀~刀剣の世界~』
2016年5月21日(土)~ TOHOシネマズ日本橋
2016年5月28日(土)~ TOHOシネマズ梅田
2016年6月04日(土)~ TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
2016年6月11日(土)~ TOHOシネマズ天神、TOHOシネマズ二条、TOHOシネマズ伊丹
出演:名刀/刀工・月山貞利、月山貞伸/刀剣研磨・本阿彌光洲、本阿彌雅夫/柳心照智流 矢作訓一
ナレーション:鳥海浩輔
協力:日本美術刀剣保存協会(刀剣博物館)、東京国立博物館、日本刀文化振興協会 河端照孝、ジャポニズム振興会東京サロン、銀座長州屋
提供:『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』製作委員会/60分
公式:http://bit.ly/25n2iNJ

関連記事リンク(外部サイト)

ミュージカル『刀剣乱舞』OPがビルボードチャート制覇、モーニング娘。’15 鞘師卒業シングルは惜しくも2位
草刈正雄“息子”の堺&大泉に刀をプレゼント 「僕も丹波哲郎さんから頂いた」
阿部サダヲが刀を手に大立ち回り 舞台「八犬伝」で個性派俳優がそろい踏み

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。