ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

表参道にパリジェンヌを虜にする極上スイーツ店

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。5月26日のオンエアでは、日本初のフラッグシップ店を表参道ヒルズにオープンさせた、パティスリー「HUGO & VICTOR(ユーゴ&ヴィクトール)」を紹介しました。

「ラデュレなどでシェフ・パティシエの経験を持つユーグ・プジェが立ち上げた『HUGO & VICTOR』は、ルイ・ヴィトン、ディオール、クロエなど、本場パリで数々のラグジュアリーブランドからコラボレーションの依頼が殺到している、今最も注目されているパティスリー&ショコラトリーです」

と、お話しくださったのは「HUGO & VICTOR」表参道ヒルズショップ店長の窪田聖子さん。

ここ数年、パリジャン、パリジェンヌが夢中になっている「HUGO & VICTOR」。その魅力はなんといっても、シェフ・パティシエであるユーグさんの天才的なセンスですが、それだけではありません。

「有機野菜など斬新な食材、季節のフルーツなど素材選びも重視していますし、古典的なレシピを革新的なデザインに昇華させたものを提供しています。また、ヴォーグ、クロエなどのデザイナーと親交もあり、コラボレーションが話題になりました」(窪田さん)

「素材へのこだわり」と「斬新なデザイン性」が詰まった「HUGO & VICTOR」のスイーツ。その中から、窪田さんにオススメのベスト3を紹介していただきました。

■オススメその1「フィナンシェ」
「HUGO & VICTOR」の代表作。表面のサックリ感とバターの余韻がたまらない自慢のフィナンシェです。お味はナチュール、ショコラ、ルーボスの3種類。

■オススメその2「ショートケーク フレーズ」
「丸い形をした、見た目も可愛いショートケーキは、ユーグ・プジェが日本のためだけに向けた、フランスにはない作品です」(窪田さん)

というのも、“ショートケーキ”は日本独自のスタイルのため。生地はフィナンシェのビスキー、さらに柑橘系のクリーム、オレンジピールも使われた、日本限定の一品です。

■オススメその3「カルネ・シ・スフェール」
最後は「HUGO & VICTOR」の一番人気! “スフェール”というドーム型のショコラが6種類入った詰め合わせです。

「可愛らしい半球の形から、ラグジュアリーブランドとのコラボレーションにも使われていて、デザイン面も人気の秘密です」と窪田さん。

シェフ・パティシエのユーグさんが、信頼のおける生産者から仕入れた素材を使い、厳選された最高品質のカカオ豆から作られた一品。6種類のお味は「プラリネ」「ライム」「オレンジエピス」「アップル」「グレープフルーツ」「キャラメル」。

この中の「グレープフルーツ」を食べた岡田マリアは、「口の中に入れると、キャラメルのペーストが溢れ出てくるのですが、そこにグレープフルーツのフレーバーがあって、まるでケーキを食べているような感じです」とうっとり…。

ぜひ一度味わってみたいですね。

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

食べ比べ企画で圧勝したコンビニドーナツとは?(2016年05月02日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1495.html

かき氷に日本酒?吉祥寺「氷屋ぴぃす」美味しさの秘密(2016年04月21日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1431.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP