ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絵画を飾るように使えるスマートディスプレイ!「Acanvas」はフレームなしで壁に取り付け可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンのアプリから自由にアートを変更できるスマートディスプレイは、もはや定番品。すでに愛用中という読者も、中にはいるのでは?

このたびKickstarterに登場したのは、IT初心者でも手軽に利用できるプロダクト。取り付けも簡単な壁掛けアートディスプレイ「Acanvas」だ。

・フレームなしで壁に取り付けられる

端末から、ワイヤレス操作でアートを飾れるという点は、従来品と同じ。ただし、本来マストとされてきた専用フレームは、ここでは必要ない。フレームはもちろん、製品に付属されているが、それがなくても取り付けできるところが、これまでのプロダクトと大きく違う点だ。

コンテンツも、アプリから自由にセレクトできる。本品では、多彩なアーティストやジャンルのアートワークを有するキューレーションアートステーションを用意。豊富なコレクションの中から、いつでもフィーリングにぴったりな作品を選び出せる。

・撮った写真もその場でディスプレイ

さらにうれしいのは、撮った写真をその場でディスプレイに反映できる点。カメラロール内に保存してから送信すれば、思い出を瞬時に分かち合える。外出中の遠隔アクセスもOK。離れた場所から、スペシャルメッセージや写真を映し出すこともできる。

バッテリー内蔵のため、必要なときは自動的に自ら充電。面倒なコードや取り付け工事も、一切なしで済む。

便利さパワーアップのスマートディスプレイ「Acanvas」。プロジェクトの公開は、6月11日まで。支援は、399ドル(約4万3,800円)から受け付けている。

Acanvas/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP