ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイカーでもバイク好きでもないですが 食べに行ってもいいですか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

西日本鉄道太宰府線太宰府駅から徒歩1分、バイクが目印。

全国からバイカーとバイク好きが訪れるというこちらのお店。バイカーでもバイク好きでもないですが、とっても気になるので行ってきました。

バイク好きのマスターが、カフェ利用のバイカーの愛機(バイク)を太宰府散策の間、無料で預かってくれるそうです!ヘルメットやジャケット、荷物まで!さすが「ライダーズカフェ」。

店内に入ると、バイカーでなくても、胸がときめくようなかっこいい雰囲気。

ツーリングで撮影されたと思われる素敵な写真が並びます。(写真展をされるほどの腕前。)そしてバイクが堂々と君臨!ライダーの方々には、きっとたまらないですね。

「バイクに乗られたりするんですか?」と声をかけてくれたのは、笑顔が眩しいマスターの下浦さん(通称しもっちさん)。いかにも、バイク好きという感じです。(勝手なイメージですいません)

「す、すいません、バイク乗れません(ちーん)」

「なんかバイクってかっこいいけど、難しいイメージがあって……」とお伝えすると、

「自転車に乗れたら大丈夫ですよ!乗れます!」と教えてくださいました^^

やっぱりバイク好きの方の会話はここから始まるのですね!

看板メニュー、噂のカレーの正体

「鳥居カレー」イベント時の特別メニュー。要予約。

こちらの人気メニューは、カレーライダー670円。カレーは諸事情があってお見せできませんが(ご想像にお任せします笑 そして正解かどうかはお店に行ってみてください^^)、写真はイベントの時の鳥居カレー! なんとプリッツで鳥居をイメージ、ゆでたまごは「ご神体」という方も、「朝陽」という方もいらっしゃるとか。

クオリティ高いですね~。

カレーのお味は、最初に甘さを感じて、後から辛さが追いかけて来る感じ。美味しくいただきました!ごはんも通常より多めで、とても満腹になりました。(お見せ出来なくて残念です!)

パンケーキブームの前からこの形……ご褒美パンケーキ

そして、もう1つの看板メニューが、こだわりのパンケーキ 520円(ドリンク付 780円、スペシャルは+100円)です。超豪華! 6枚も乗っています。

(ソースも、チョコソース、ストロベリーソース、ラズベリーソース、ブルーベリーソース、マンゴーソースから選べます^^、スペシャルはホイップクリームorレーズン付)

どうしてこの形なんですか?と聞くとマスター曰く、

僕たちが子供の頃ってホットケーキが重なってるのが夢っていうかね、最近パンケーキブームとかあったけど、その前からで、店名の由来でもある物語のパンケーキをイメージしてるんです

と教えてくれました。

なるほど夢がありますね! 確かにワクワクしちゃいます!

パンケーキの粉は、横浜からわざわざ取り寄せているというこだわりよう。

それに、たっぷりの国産バターとこだわりのミルクを使用しているそうで、本当にふわふわ!!!

バイク好きじゃなくても、パンケーキ好きな人にもぜひ来てほしいです!!!

太宰府への愛は進化し続けます!

他にも、太宰府を愛するマスターは地元の人達と一緒にイベントをされています。

数日前には、子供達の天体観測のイベントがあったそうで、お店で映写機を使って、星の説明があった後に、竈門神社にみんなで本当の星を見に行ったとか。こんな大人っぽいカフェでのイベント、子供たちにはたまりませんね。

地元の方と企画されたカレーのイベントも行われました。

この日も太宰府を愛する常連さんと、地域の話で盛り上がっていらっしゃいました。

みなさん、本当に仲がいいですね! マスターとお話したくて、ふらりと立ち寄られているようでした!

マスターより

太宰府は、太宰府天満宮も魅力ですが、他にも見所がたくさんあって、みなさん回られてなくてもったいない! ぜひ、いろいろ回ってほしいですね!

とのこと。

太宰府へお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

親しみのあるマスターが、雑誌に載っていないオススメの観光情報なども教えてくれますよ!

※価格は全て税込みです

お店情報

SAMBO Cafe(サンボカフェ)

住所:福岡県太宰府市宰府1-4-30

電話番号:092-555-2710

営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー23時)

定休日:水曜日

URL:http://www.facebook.com/sambo.cafe.riders


書いた人:

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

関連記事リンク(外部サイト)

夕方から呑める?! 六畳一間の「甘栗と美味やすらぎ処」って……
胃袋を直撃するウマさ! ! タコスが名物のメキシカンな洋食店
【博多】都会のド真中で和菓子一筋85年! 福岡の老若男女が愛する、つきたての「豆大福」は味わうべし!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP